念願のEGシビックHID化

| コメント(6) | トラックバック(0)

いやぁ出来てしまった!(笑)

たまたまガレージに遊びに来てくれたMAXさんといつもの通りアホ話に花を咲かせていたところ、ヒョンな事からHIDの話へ!

いつもの通りHIDと聞いてしまうと「そんなの関係ねぇ~」とEG乗りのワシにはオッパッピー状態。

そう、EF・EGと乗り継いでいたワシにヘッドライトバルブのネタはタブー!!

えぇ、どうせ相手にされていないですから!

ハイワッテージバルブ!?種類ないし、量販店行ってもめったにお目にかかれませんから!

確かにPIAAとかからは一応出ていますが価格は暴力的です。

と、言う悩みと僻みをもったEF・EGオーナーは多いハズ。ビートとかもお仲間かな?

そっ、この702K(H4HとかH4ZとかH4Uとも言う)バルバー?はホンダ独自の暗いレンズカットに日々悩んでおりやす。特に雨の日の夜は最高!ヘッドライト付いているのにライトスイッチを回すのはシバシバ!その度に"暗いんじゃっ!"と再認識させられるのは言うまでもありません。

そこで社外のヘッドライトASSYを購入してバルブ交換の夢をかなえたりするものです。

しかしあまりの出来の悪さ故水没・・・おまけに光軸もろくすっぽ出なかったり・・・

んで向こうモンの純正レンズでH4レンズ仕様!!と言うもののガラスレンズでクソ重かったりポジション無くなったり、Lハン用やから左側が見づらかったり・・・ってなる訳で

ハイそんな失敗を繰り返してきましたけどナニカ???

話はそれましたが、この諦めていたEGのHID化がどうやら安価で出来そうな感じ。

いずれにしてもポン付けとは行かないのですが、最悪無理と判断した場合は嫁ハンのFITに付ければ無駄にはならないハズと勢いでMAXさんにオーダー!

過去さまざまな車種にHIDを装着させていただきましたが、いずれもバラストなどのユニットがデカく設置場所に悩んだモンです。

ところがこのHIDキット!ユニットがかなり小さい!おまけにバーナーの後部が小さい(薄い)のでバルブ交換後の干渉もなさそう!!

これで一気にヒートアップ!何が何でもやっちゃるで~!!

ここからは写真とキャプションで一気に紹介(てか、書くのしんどいわ!)

DSC03231.JPG

 

 

 

これがMAXさんにオーダーしていただいたH4のHIDキット。

こいつが今回の実験台です。

 

 

 

 

 

DSC03232.JPG

 

 

 

 

んで、左が純正の702K、右がH4のHIDバーナー

見ての通り台座のサイズが違うのよ!

 

 

 

 

DSC03240.JPG

 

 

 

 

と、言う訳でガレージに転がっていた1.2mmの鉄板にφ24mm穴を開けて台座作り開始!

 

 

 

 

DSC03241.JPG

 

 

 

 

最新の切削工具で出来上がった702Kの台座

サンダー削りだしですけどナニカ?

 

 

 

 

DSC03233.JPG

 

H4のHIDバーナーを分解して先程作った702Kの台座と合体させるのですがここで問題発生!

実現させようと思うと致命的な部分にメスが入る事になり確実に後戻り出来なくなる・・・つまりFIT装着の逃げ道はなくなるうえ、失敗するとただの照明器具への変貌しか生かす道が無くなる!

どうする!?オレ!!

 

 

 

DSC03235.JPG

 

 

 

「どうせ後悔するならやって後悔する!」ワシの持論と失敗を心待ちにしている悪友の後押しによりワシはみんなに愛されるDr.コトーになりました。

もう戻れね~!

何が何でもやったる!!

 

 

 

DSC03239.JPG

 

んで出来上がった702K台座のHIDバーナー。

気になっていた発光点位置ですが、若干(約2mm程)奥目ですが、この程度なら多少光軸が広がる程度とみてもう片方も加工開始。

もし光軸が広がりすぎていたら・・・あきらめるしかないかな??と、ひらきなおり

 

 

 

DSC03247.JPG

 

いよいよ挿入!

と思いきやレンズ位置を決める突起が微妙に干渉して入らない!!(汗)

無理やり入れれば入りそうですが、外す時にエライ事になりそうなので干渉部分を削る事に。

ところがこいつ!セラミックやから割れないように細心の注意が必要。

超硬バーフル回転で慎重に・・・ふ~っ

 

 

DSC03253.JPG

 

 

でもっていよいよ配線です。

ユニットは薄いので取り付け場所には全く困りません。てか、ワシのEGは何も付いていないので更に楽です。

尚、バラストはヘッドライト下の隙間に差し込んで両面テープ止めです。(爆)

これは左側

 

 

 

DSC03249.JPG

 

 

 

こっちは右側。

バーナー後部が薄いのがステキ!!

多分純正のバルブ+カプラ状態よりも突き出し量は少ないと思います。

 

 

 

 

  DSC03248.JPG

 

そして点灯!

「"ピカッ"とな」(ボヤッキー風)

「流石(りゅうせき)だね流石(ながれいし)だね、あっ流石(さすが)だね~」(ドロンジョ風)

いや~オレって天才!(ブタもおだてりゃ木に登る・・・ブーっ)

 

 

 

ハロゲン.jpg 

 

 

ちなみにこれは作業(交換)前のハロゲン状態。

尚、これでもバルブはPIAAのハイワッテージバルブです。。。

 

 

 

 

HID.jpg

 

 

 

光軸もバッチリ!

ノープロブレムです!!

"ピカッ"と光って"バシッ"と消える

「う~んHIDってス・テ・キ!」(しんのすけ風)

 

 

 

作業後、自宅への帰りしな妙に道を譲りまくっていたオレ!(パッシングして「ど~ぞ~」みたいな!)

最後に長年の夢を叶えてくれたMAXさん!感謝!!感謝!!です。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10

コメント(6)

そんなに念願だったんですね。おめでとうございます。
お役に立てて良かったです(^^♪

どうも、ken@丸目ですm(__)m

HIDいいですね~!!
一気に車が若返った感じがしますよね(^_^)
私も導入当初は、意味無く夜徘徊したものです(爆)

それにしても、「ただつける」じゃないところ、ながれいし・・いや、流石プロのお仕事!おみそれいたしました~m(__)m

どうしたん? あんだけblog嫌ってたのにww
毎日更新すると変な義務感がでてきてやめられなくなるのですw

それにしても 50年前の車のような? あの暗さが改善されて
良かったですねー 商品のメニューも増えましたなw

コメントする