BB6プレ・ユーロRへの道(その4)

| コメント(0) | トラックバック(0)

いやぁ~。。。難儀じゃ!

とにかく厄介やわ!

先程帰宅。んで、風呂入ってエサ喰って只今早朝5時過ぎ・・・

このまま寝たい気持ち120%ではあるが、進捗状況を伝えておかないと不安を与えそうなのでお約束の写真とキャプションのみでご報告です。

ともさん!エンジンまだ載ってません・・・ゴメン!

DSC03668.JPG

 

 

 

これが、車体側のハーネスカプラ。

要はこのカプラにエンジンハーネスをつなげれば良いだけなのですが・・・

 

 

 

 

 

DSC03672.JPG

 

 

 

CL1のエンジンハーネスは中継カプラを使わず直接ECUと接続されるパターン。

 

 

 

 

 

DSC03669.JPG

 

 

 

当然BB6はエンジンハーネスが中継されECUに接続される。

 

 

 

 

 

DSC03670.JPG

 

 

 

おまけにオルタやデスビ・マグネットへの配線はミッションの上を通るので、こんなんがいる。

 

 

 

 

 

DSC03671.JPG

 

 

 

CL1には無い。

 

 

 

 

 

 

DSC03675.JPG

 

悩みに悩んでエンジンハーネスはBB6をメインに使い、追加・延長にCL1を使う事にした。

理由としては結線し直す配線が少なくなる事、中継カプラーまでの距離(長さ)を気にしなくて済む事などなど

とにかく何が起こるか分からんので最低限の加工が一番だと・・・

 

 

 

DSC03676.JPG

 

 

 

てな訳でバラしたBB6のエンジンハーネス。

加工の必要が無いカプラをチェックしておきCL1ハーネスとの合体に備えておく。

 

 

 

 

DSC03677.JPG

 

 

 

CL1のエンジンハーネスもバラす。

 

 

 

 

 

 

DSC03678.JPG

 

 

 

BB6のエンジンハーネスに取り替えて各カプラーの位置関係を作り出し・・・

 

 

 

 

 

DSC03679.JPG

 

 

 

CL1のインジェクター部分(このハーネスにはインジェクタ・パーコン・吸気温)を採用し・・・

 

 

 

 

 

DSC03680.JPG

 

 

 

EGRとスプールのハーネスを採用し・・・

 

 

 

 

 

 

DSC03681.JPG

 

 

 

 

RACVを採用。

 

 

 

 

 

DSC03682.JPG

 

 

 

 

これら採用された配線を切って

 

 

 

 

 

DSC03683.JPG

 

 

 

半田メッキしてから

 

 

 

 

 

 

DSC03684.JPG

 

 

 

 

半田付けして

 

 

 

 

 

DSC03685.JPG

 

 

 

 

収縮チューブで絶縁を繰り返し

 

 

 

 

 

DSC03686.JPG

 

 

 

 

中継カプラーと接続していく訳ですわ・・・

 

 

 

 

 

DSC03687.JPG

 

 

 

位置関係を整えながら採用した必要とされるハーネスをつなぎ直していく事数時間・・・

 

 

 

 

 

DSC03688.JPG

 

 

何となくハーネスを束ねて取りあえず出来上がり。

取りあえず今日はココまで!!

最終的に中継カプラーとセンサー間の接続を確認してOKならコルゲートチューブをハーネステープで巻いて完成・・・なハズ

 

 

 

残すハーネスの加工はECU部分か・・・いやぁ厄介じゃ!

6時になった・・・寝るっ!!!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/30

コメントする