BB6プレ・ユーロRへの道(その8)

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日ついにエンジン始動!

が・・・恐れていた事が発生。。。

う~んこのパターン・・・不(負)のスパイラル突入か??

DSC03754.JPG

 

 

エンジン始動前にDefiのメーター配線をすることにしました。

車内への引き込みはこのグロメットからとします。

 

 

 

 

 

DSC03755.JPG

 

 

 

 

引き込み位置が決定したのでハーネスを作成し・・・

 

 

 

 

DSC03756.JPG

 

 

 

グロメットを外して穴あけ。

 

 

 

 

 

 

DSC03757.JPG

 

 

 

 

こんな感じで引き込み終了。

 

 

 

 

 

DSC03758.JPG

 

 

メーターの設置場所はもちろんコントローラの設置場所が決まっていないので取り合えず動作確認のみする事に・・・

で、電源を簡単に取る為には・・・と考えているといいもの発見!!

 

 

 

 

DSC03759.JPG

 

 

 

 

このプラグを外してコントローラ電源確保!

 

 

 

 

DSC03762.JPG

 

 

 

 

通電OK!

 

 

 

 

 

で、いよいよ緊張の瞬間・・・エンジン始動してみます。

エンジンオイル・LLCを入れて数回クランキング。

オイルをエンジン内に回しプラグを装着。

DSC03763.JPG

 

 

 

 

回りました!

 

 

 

 

 

が!

アイドリングしない!

バタフライ全閉するとエンジンストール・・・

アクセル踏んでバタフライ開ければ普通に回る。。。

要するにアイドルバルブが動作していない状態。

ワシらEGやDCなどであれば真っ先にEACVを疑う。普通に(単純に)考えればこれが濃厚!

しかしもともと使われていたエンジンと聞いている・・・ならば問題ないと判断せざるを得ない!

試しにマスターバックに行くホースを抜き2次エアーを吸わしてエンジン始動。

アイドリングする。当然ではあるがハンチングしながら・・・

やはりエンジンストールの原因は窒息死!

配線ミスなのか???いや!そんなはずは無い!と思いたい!!

ほんなら何?

ECU対補機で考えると相違しているのはデスビのみ。

ならばデスビをCL1のに変更してみるかを考えるものの、BB6とCL1のデスビは形こそ同じだが、カプラーが違う。

つまり単純に交換とはいかない。。。おまけにCL1は回転信号の出力が無い。(イグニッションパルスの出力のみ)

まっ、エンジンの始動には関係ない!まずクリアーしなければならない問題はアイドリングさせること!

こうなればトライアンドエラーを繰り返すのが解決の近道!と考えCL1のデスビを使用してみる事に。

DSC03764.JPG

 

念のため両方のデスビをバラして内部を確認。

パッと見やはりカプラのみの違いかな?

ローターの形状が若干違うけどこれは今回の問題には関係ないハズ。

気になるのはTDCやクラセンなどの設置位置関係。しかしそれを確認するのはもっとバラす必要があり、焼き付いている端子を外すとリスクが高そうなので断念。

 

 

と、言う訳でここはカプラ形状の違いのみ!と仮定して様子を見ることに。

もしTDCなどの位置関係が問題であれば何らかの変化が出るはず!!

さて、どうやって接続させるか??

デスビ本体の加工は避けたい。やはり変換ハーネスを作るのが一番!

CL1のエンジンハーネスはあるのでデスビ側は問題ない。

問題はBB6のデスビ側。

使えるの発見!CL1のエンジンハーネスに同じカプラありました!

DSC03765.JPG

 

左がどこに使われていたか覚えていないが、CL1のエンジンハーネスに付いていた物。右がBB6のデスビ。

唯一違うのは中段端子配置。

デスビ側は写真右端子がオープン。

エンジンハーネスは右から2個目がオープン。

 

 

 

 

DSC03767.JPG

 

 

 

なので、カプラをバラして端子を抜いて差し替える。

 

 

 

 

 

DSC03768.JPG

 

 

 

 

これでデスビを同一。

 

 

 

 

 

DSC03771.JPG

 

 

 

んで、CL1のデスビカプラを切り取って、変換カプラを作成する準備完了。

 

 

 

 

 

DSC03772.JPG

 

 

 

配線図見ながらつなぎ変えてみる。

と、言ってもよじって絶縁するだけの簡素品。

 

 

 

 

 

DSC03773.JPG

 

 

 

取り合えず完成。

そしてエンジンスタート!

 

 

 

 

 

変わらない!?

変わった気がしない!!

アクセル戻すとヤッパストール・・・

しかしアクセルちょっと開けてエンジン回せば普通に回る。

2000回転ぐらいからなら何の問題も無い感じ。

微妙にアクセル開けて強制的に1000回転切るところまで合わせようとするとガクガク・ブルブル・・・

当然排ガスも臭い!生ガス垂れ流しか?

そうこうしているうちに水温も油温も上昇。暖気終了(爆)

ならばついでにとギア入れて無負荷ではあるが走行状態のテスト。

写真こそ撮り忘れましたがメーター読み170km/hは確認。

普通に回る。ハイカムにも入る。

が、アクセル戻すとストール。

やっぱ窒息以外考えられない!!

そうなるとRACV以外考えられない・・・が!使っていたエンジン見たいやし・・・謎じゃ!

こんな時は!と「とら♪さん」に相談電話。

やはりRACVよね!

この言葉に勇気付けられダメもとでホンダパーツのゴルフ仲間(爆)に電話。

まだ仕事中!(ラッキー)

さっそく在確。

さすが日本で1・2を争う在庫数をかかえる埼京営業所!在庫アリ!!

しかし価格は1.4諭吉。。。あまりにも勝負するには高すぎる・・・

しかし、ど~もRACV以外考えられない!

念のため、オーナーのともさんに電話でエンジンの詳細と進捗状況を説明。

購入OKを承諾!(ラッキー)

ついでにエンジンの経緯に関してはどうやら実際に使っていたエンジンではない模様。

いずれ使うつもりで保管していたものの、もう使う予定がないので出品したものらしい・・・

う~ん!じゃっ何か!?動くかどうかも分からんのか!!

どうりで中途半端なエンジンだった訳か!

こりゃぁ不確定要素が増えたど!!

配線云々の前にエンジン自体がどうなのかっちゅう問題も出てきた。(長期戦の予感)

こうなりゃ消去法しかないな!

と、言う訳で残業中の埼京兄さんに電話。RACVをオーダー。

で、仕事帰りに持ってきてくれるとの事。(受け渡し場所は・・・謎爆)

そして深夜1時前・・・

DSC03774.JPG

 

 

 

ガレージに戻りRACVを交換。

左が新品。

 

 

 

 

 

いっしょに来たキム君と検討してみるも、何となくRACVが決定打ではない気もする。。。

しかし症状から考えるとRACVが濃厚。。。

いざっって時の返品を考えると一歩踏み込めない・・・

キム君もいる事なので、もう一度エンジン-ECU間の結線チェック。

問題無さそう・・・

時間は深夜2時!

こうなりゃ!と勇気を持って新品RACVを使用する事に!

装着終了。

で、エンジン始動!!

DSC03775.JPG

 

 

アイドリングするし・・・ただ、まだ完璧とは言えない・・・

アイドリングがややふらつく。。。

(車外から撮影してるからアクセルは踏んでません。えっワイヤー引いてるって!?そこまで考えられる元気はない!)

 

 

 

時間も時間なので今日はここまで!

少なからずとも、かなり前進した気がする。。。てか、エンジンに付いてきたRACVが壊れてなければ・・・って感じやろ!

今日1日の作業は載せ換えの作業でなく、単純に不調エンジンの修理やん!

なんか何を信用していいのか分からんぞ!

不調の原因はワシの作業ミスなのか、単純にエンジン補機の問題って可能性も出てきた。。。

アイドリングはするもののこのふらつき!

まさかEGR逝ってて排ガス吸い込んでるとかMAPセンサー詰ってるとかじゃねぇ~だろうな!

まっ、明日の日中やな!

 

Oha4も終わりズームインも始まりまもなく占いが始まるので今日の運勢見てから寝よう!!

今日は"わ"から始まる名前の人はいいみたい!(爆)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする