最近サボりぎみなので・・・

| コメント(2) | トラックバック(0)

とりあえずダイジェストで作業報告しておきます。

あまくささん→完成しました。

はっし~Jr.→作業終了。

アザオっち→作業終了。

うぃにょううぇさん→作業中。

まずは、あまくささんのドラシャ

DSC03872.JPG

 

 

 

いよいよ組立作業に入ります。

 

 

 

 

 

 

DSC03873.JPG

 

 

 

CVJペースト使って組み込んでアウトボードにシャフトを挿入

 

 

 

 

 

DSC03874.JPG

 

 

 

 

グリスを充填。

 

 

 

 

 

DSC03875.JPG

 

 

 

ブーツかぶしてオメガバンドをカシめてアウトボード終了。

 

 

 

 

 

DSC03876.JPG

 

 

 

切削・研磨したインボードもアウトボード同様にして組み立てます。

(この後は作業写真撮るの忘れました!)

 

 

 

 

DSC03877.JPG

 

 

 

 

んで完成しました。

 

 

 

 

 

 はっし~Jr.さんのMR-Sエキマニ交換

DSC03863.JPG

 

 

 

 

微妙に進化中のはっし~Jr.MR-S。

純正エキマニからTRDさんのに交換です。

 

 

 

 

DSC03864.JPG

 

 

 

スペース的にも楽勝!と思いきや意外と工具を振るクリアランスがない・・・

あんま使いたくないけど今回はエアラチェが大活躍!(爆)

 

 

 

 

DSC03865.JPG

 

 

 

サクッと終了!と思いきや・・・

TRDさん!!ステーの穴位置出てまへんで~!!

なので除去!(爆)

って感じで終了。

 

 

 

んで・・・ついでに番外編

DSC03868.JPG

 

 

 

ついでにノロージ付けろ!と言われましたが・・・

 

 

 

 

 

DSC03867.JPG

 

 

 

 

MR-Sはダイレクトイグニッションなんですけど・・・

 

 

 

 

DSC03869.JPG

 

 

 

 

取り説にはMR-S用なんですけど・・・

 

 

 

 

 

DSC03870.JPG

 

どれどれ!?

えっ!!???

わざわざ2次側を延長してアーシングするんですか???意味分からん!!

ダイレクトイグニッションで2次側伝送ロスを最小限に抑えられるのに、たかがアース線を付けたいだけでハイテンションコードをつけるなんて・・・無駄無駄!!

よって却下!(爆)

 

 

DSC03871.JPG

 

 

 

 

っちゅう事でエキマニ交換のみ終了。

 

 

 

 

 

続いてアザオっちのDC5

  DSC03878.JPG

作業はハブ・ハブベ・キャリパー・ローター交換とちょいちょいメンテ

DSC03879.JPG

 

 

 

 

とりあえずナックル・キャリパー除去。

 

 

 

 

 

DSC03880.JPG

 

 

 

で、ナックルからハブ・ハブベを除去しやす。

 

 

 

 

 

DSC03881.JPG

 

 

 

 

まずはハブ取って・・・

 

 

 

 

 

DSC03882.JPG

 

 

 

 

ハブベ抜いて・・・

 

 

 

 

 

DSC03883.JPG

 

 

 

 

新品のハブベを・・・

 

 

 

 

 

DSC03884.JPG

 

 

 

 

圧入方向(ベアリングの表裏)を注意して打ち込んで・・・

 

 

 

 

DSC03885.JPG

 

 

 

 

新品のハブを打ち込む。

 

 

 

 

 

DSC03886.JPG

 

 

 

 

キレイっ!!(笑)

 

 

 

 

 

DSC03887.JPG

 

で、今度はキャリパー取り付け。

今回は朽ち果てた純正ブレンボとは潔くオサラバしてSPOONさんのモノブロック装着ですが、どうやらブラケットを裏使いしてローターとのオフセットを調整するらしい・・・

つまりローター側からボルトを入れ12mm(だったかな?)のカラーを挟んでブラケットを装着するってか!?

 

 

 

DSC03888.JPG

 

 

 

 

んでローターはめて・・・

 

 

 

 

 

DSC03889.JPG

 

 

キャリパーをブラケットと固定して終了なのだが・・・

よくよく見ればこんな逃がし方しなくても良いことが判明。

その方法は・・・

メモリースティックをガレージに忘れてきたので後日!!(汗)

 

 

 

最後にうぃにょううぇさんのデフ交換

DSC03890.JPG

 

 

ATSカーボンLSD搭載の為スゲ~やかましい!

ハイ!皆さんご存知の症状です。

なので今回思い切ってバイバイ菌!

クスコのRSに変更です。

 

 

 

 

DSC03891.JPG

 

 

 

常に戦い続け有終の美を飾った炭が自分の存在を猛アピール!

 

 

 

 

 

DSC03892.JPG

 

 

 

 

これからバラして洗浄開始です。

 

 

 

 

 

DSC03895.JPG

 

 

 

 

中古購入で装着してから間もないのでベアリングなどは再利用の方向で作業します。

 

 

 

 

DSC03896.JPG

 

 

 

 

破壊しないよう慎重にサイドベアリングを引き抜き

 

 

 

 

DSC03897.JPG

 

 

 

ピニオンのベアリングも引き抜き・・・

 

 

 

 

 

 

DSC03898.JPG

 

 

 

 

洗浄しやす。

 

 

 

 

 

DSC03899.JPG

 

 

 

 

洗浄終了

 

 

 

 

 

DSC03900.JPG

 

 

 

気になったのでチコッとLSDをチェックしてみたくなったので・・・

 

 

 

 

 

DSC03901.JPG

 

 

 

 

イニシャル測って見ました。

 

 

 

 

 

DSC03903.JPG

 

 

 

もっと気になったのでLSD分解して・・・

 

 

 

 

 

 

DSC03904.JPG

 

 

 

 

洗浄してみました。

 

 

 

 

 

DSC03905.JPG

 

 

異音の原因はカーボンチップの剥離やろ!と思いきや剥離なし!!

超~薄状態での張り付いていました。

(内側は欠けているけど・・・)

接着力アップしたのか??

それとも街乗りしかしていなかったからか?

 

 

DSC03906.JPG

 

 

 

で、異音の原因はコレかな??

サイドギアの内側がプレッシャーリングからはみ出ている(フランジが引っ張るとはみ出てしまう)

 

 

 

 

DSC03908.JPG

 

 

 

なのでカーボンチップが薄くなってしまうと内爪のプレートがサイドギアの段差面と干渉し、スリップ時に音が出てしまう。チップが薄くなってプレッシャーが下がればさらにこの動作が増える訳ね!

 

 

 

 

DSC03919.JPG

 

 

要するにこう言う事。

サイドギア(片輪)が止まった状態で入力(リングギアが回る)されるとこうなる訳です。内爪のカーボンチップが付いているプレートは静止。外爪のプレートは回転中って事。

(プレッシャーリングを指先で回しながらスローシンクロで撮影)

 

 

DSC03923.JPG

 

 

 

ちなみにサイドギアのクリアランスはクロスシャフトに付いている4つのピニオンギアとの関係(バックラッシュ)だと思う。

 

 

 

 

 

DSC03924.JPG

 

 

 

 

指で持ち上げるとこんだけクリアランスがあるのね!

 

 

 

 

DSC03927.JPG

 

 

 

せやから、このサイドギア両端(ケースと蓋の内側)に置くワッシャー?を0.5mmくらい厚い物にすれば少なくても干渉音は消えると思う。。。のは気のせい??

 

 

 

 

DSC03929.JPG

 

 

 

ちなみに外爪のプレートも段付磨耗してしまうので・・・

 

 

 

 

 

DSC03922.JPG

 

 

こんな感じで組み込まれている以上トータルのプレート厚は薄くなる=イニシャル下がるのは仕方ないけど、あまりにも磨耗早すぎないかい??良く使わせてもらっているクスコさんのRSなんぞ全くもってノーメンテなんですけど・・・

 

 

 

 

DSC03925.JPG

 

組み上げた状態でサイドギアのクリアランスを確認してみましたが、やっぱガタツク・・・

いずれにしても干渉音をなくす為には厚めのワッシャーに変更か??

それともこの干渉音はプレート交換の合図!と素直に受け止めるしかないのかなぁ?

 

 

 

などと、余計な事を考えたところで所詮延命対策に過ぎないか!(爆)

こんな事やったところで磨耗速度が遅なる訳ないからな!!

ランニングコストのかかるLSDであるのは間違いない!!こりゃ維持するのは難儀じゃ!

以前MAXさんも言ってたけど、LSDの動作具合はS2000では最高らしいのに・・・

フィーリングを取るかコストを取るか!!

結論

タイムは金で買え!(笑)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/41

コメント(2)

たいへん興味深い検証です。
各部のクリアランスが大きいんですね>ATS

PCはIMEのトラブルだとするとOffice関係再インストールすると直るかもしれません・・・

ドラシャ作成お疲れさまです。

そんなことより今は火事が気になりますが・・・

肝心の車持込ですが、破壊した車の変わりの車の契約は
終わっているのですが、現在自分のメインバンクから融資
をもらうのになにやら審査がエライ時間かかっていて
振込み⇒車検⇒破壊車両から移植でもう少し時間がかかり
そうです・・ 汗

また、状況に変化あり次第連絡しますm(_ _)m

コメントする