S2000+ターボ

| コメント(0) | トラックバック(0)
DSC04431.JPG

以前の作業でオイルパンの加工が間に合わず見送っていました。

本日無事お客様のご希望通りオイル交換しやすくなりました。

DSC04427.JPG

 

と、言うのもこのターボキット。

タービンからのオイルリターンはドレンに戻しているのでオイル交換時リターンホースを毎回外して行っていた訳です。

いかんせんゴムホース+ホースバンド止めですからバンド部分のホースは痩せていき劣化が早い!(抜けが怖いから結構締めこみたくなる気持ちは良く分かりますが・・・)

 

 

 

DSC04428.JPG

 

 

なのでタービン側のニップルサイズに合わせ#10ホースでリターンを作成。

オイルパンは加工ついでにバッフルプレートも装着。

これで一石二鳥。

 

 

 

 

DSC04429.JPG

 

 

 

まずは純正のオイルパンを外して

 

 

 

 

 

 

DSC04430.JPG

 

 

 

リターン用のボスとバッフル加工したオイルパンを装着。

 

 

 

 

 

DSC04432.JPG

 

 

ゴムホースの内径と#10ホースの内径が若干違うのでタービン側のニップルに挿入するのが結構渋かったのですが何とか無事挿入出来ました。

一応オイル滲み・漏れをチェック。

多分大丈夫そうなので良しとしました。

 

 

 

 

DSC04433.JPG

 

 

続いて4点ベルトのアイボルト装着です。

S2000の場合シートレールの構造によりサイドシル部分のシートベルト共締めが出来ないものが殆ど。(レールに干渉したりするんですよね!)

 

 

 

 

DSC04434.JPG

 

 

 

そんな時はここがベスポジ!

オープンカーである以上ロールバー装着してますからね!

ハイ!このロールバーのマウント部分を利用しない手は無い!!

 

 

 

DSC04438.JPG

 

 

 

この8mmボルト部分を11.5mm程度に開けなおして

 

 

 

 

 

DSC04439.JPG

 

 

 

アイボルトを挿入すればOK!

 

 

 

 

 

 

DSC04440.JPG

 

 

 

 

ストレスプレートも必要ないのでこれまた一石二鳥。

 

 

 

 

DSC04436.JPG

 

 

 

 

左側はやっぱこの部分しかないみたい・・・

 

 

 

 

DSC04441.JPG

 

 

 

 

ブチッ!と穴あけて・・・

 

 

 

 

 

DSC04442.JPG

 

 

 

ストレスプレートを使用して固定。

側面取り付けなのでコーキングは必須でしょうね。

 

 

 

 

 

これでご依頼頂いていた作業内容は全て終了。

サーキットデビュー楽しんできてくださいね!!

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/61

コメントする