スリッパ号復活!

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC04608.JPG

 

 

洗浄の際剥がれてしまったプレート。

中身が変わってしまった事やし、どうせ貼るなら・・・

中途半端。。。

DSC04541.JPG

 

 

 

そんな訳で急遽ミッション降ろす事になりまして・・・

 

 

 

 

 

DSC04542.JPG

 

 

ウマに上げっぱなしが出来ない狭いガレージな故・・・

ミッション無いと両サイドのエンジンマウントだけで乗っかっているので傾いてしまったら事件。。。

なのでタイダウンで固定(爆)

これで安心して手押し出来るぜ!

 

 

 

DSC04543.JPG

 

 

 

 

降ろしたミッションです。

 

 

 

 

 

DSC04544.JPG

 

 

 

まずはリアカバーを取って分解開始!

 

 

 

 

 

 

DSC04545.JPG

 

 

 

スピードセンサーを取ってみました。

ありゃ~

 

 

 

 

 

DSC04546.JPG

 

 

どうせ分解するんですが・・・

やっぱチラ見は燃えるぜ!(爆)

てか、この時点で3速ブローが確定しました!

 

 

 

 

 

DSC04550.JPG

 

 

 

ケースを開けてみると・・・

やっぱこんな感じです。

 

 

 

 

 

DSC04551.JPG

 

 

 

 

残骸

 

 

 

 

 

DSC04552.JPG

 

 

 

これから全バラ洗浄を開始。

復活に向けて部品発注せな・・・

時間無いし!(汗)

 

 

 

 

DSC04562.JPG

 

 

 

洗浄開始です。

7年2月にO/Hって事は・・・

寿命1年半でした。。。

 

 

 

 

DSC04564.JPG

 

 

 

洗浄する事丸一日。。。

破損パーツはカウンターシャフトとメインの3速ギアのみ。

消耗パーツは・・・それなりに!(爆)

 

 

 

 

と、言う訳で仕様変更もついでに行うことに。

時間もないので部即効で部品発注して組み上げなければ・・・

 

DSC04566.JPG

 

 

 

セカンダリーは以前使用していたAP1モノに変更。

 

 

 

 

 

DSC04569.JPG

 

 

とにかくスペースを確保したいので取り合えずセカンダリーを完成させておきます。(作業スペース狭いもんで・・・)

 

 

 

 

 

 

DSC04570.JPG

 

 

 

新品のシンクロハブ。

やっぱ端面はバリが出てるので・・・

 

 

 

 

 

DSC04573.JPG

 

 

 

処理しとくといいかも・・・です。

(効果は不明ですが気分の問題です。爆)

 

 

 

 

 

DSC04574.JPG

 

 

シンクロ交換ついでに後期のカーボンモノに変更。

ちなみに両端のギアも交換する必要ですが、O/Hと思えば費用的にそんな変わりません。

尚、カーボンモノに交換する事による効果は不明。(更爆)

 

 

 

DSC04575.JPG

 

 

 

んで新品のカウンター。

写真撮り忘れたのですが・・・

ところどころ錆浮いているんですけど・・・

 

 

 

 

と、まぁその他もろもろ組み上げる前の下処理を終え、やっと組み上げ開始です。

DSC04576.JPG

 

 

 

カウンターシャフト完成。

 

 

 

 

 

 

DSC04578.JPG

 

 

 

メインシャフト完成

 

 

 

 

 

 

DSC04584.JPG

 

 

そうそう!

S2000のミッションってサーキットがんがん走った後、良く5・6速に入らなくなる現象がおきるのは多分ここ。

シフトフォークが刺さる摺動部分に・・・

 

 

 

 

DSC04580.JPG

 

 

オイルブッシュ内側の剥離がおきてシフトフォークに噛み込んでスライドしなくなる訳です。

1-2とか3-4とか5-6の用にシフトノブ前後方向の動きが渋いのはたいていここ。

(写真の状態ならまだ問題なし。予備軍です。)

 

 

DSC04582.JPG

 

 

このアングルのほうが分かりやすいかな?

ヒゲみたいなのが剥離したモノ。

こいつがシフトフォークのクリアランスを狭めて摺動抵抗を増大させる訳です。

 

 

 

 

DSC04588.JPG

 

なので、この剥離してしまうモノはあえて除去。(爆)

しかしそれでは焼きつく心配があるのでらせん状にオイル溝を切って対策。

もちろん本来はケース交換だと思いますが・・・

只今実験・検証中です。

尚、ウチでS2000ミッションをO/Hした方は全てこうなっていたりします。

 

 

DSC04591.JPG

 

 

それはそうと・・・

とっととミッション組み立てなければ・・・

メインシャフトのクリアランス測定して

 

 

 

 

 

DSC04590.JPG

 

 

 

 

数あるシムから選択。

 

 

 

 

 

DSC04593.JPG

 

 

 

シムが決まれば蓋が閉まる。。。

てな訳でミッションケース側が完成。

 

 

 

 

 

DSC04594.JPG

 

 

最後にセカンダリーのベアリングプレロードを決めるためのシム調整。

ドライブ付けづに行います。

 

 

 

 

 

 

DSC04595.JPG

 

 

 

ニードルのアウターレスにオイル塗っとくとくっついてくれるので落下防止には最適!

 

 

 

 

 

DSC04596.JPG

 

リアカバーを規定トルクで締めてプレロードを確認。

シムの厚みを変えながら同じ事を繰り返す訳で・・・

尚、プレロードの決定は・・・手感です。(爆)

「手は最高・最大の工具なり!」(更爆)

 

 

 

 

DSC04597.JPG

 

 

 

シムが決まったらドライブギアを打ち込んで・・・

 

 

 

 

 

DSC04599.JPG

 

 

 

 

メインシャフトの回り止めを付けて

 

 

 

 

 

DSC04600.JPG

 

 

 

サービスボルトホールを利用して圧入。

 

 

 

 

 

 

DSC04601.JPG

 

 

 

で、ナットで固定。

その為にはケースも固定させないとトルクあてれません。。。

その為に作ったのが下の作業台です。(笑)

 

 

 

DSC04603.JPG

 

 

 

と、言う訳で完成。

 

 

 

 

 

 

で、今日載せてスリッパ号復活しました。

何とか間に合った・・・

これで水曜日ゴルフ逝けるぜ!(狙うは80切り!嘘ぴょ~ん!)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/74

コメントする