とりあえずまとめて更新

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSC05040.JPG

 

 

今更ですが・・・

「あら」さんのエンジンを載せました。。。

DSC05043.JPG 

 

 

 

 

作業の様子を見に来たオーナーのあらさんと、たまたま遊びに来たきむさんが!(爆)

DSC05044.JPG

 

 

がんばれ~!!(笑)

と、ワシは・・・

 

 

 

 

 

DSC05050.JPG

 

 

 

腰痛。。。

 

 

 

 

 

 

DSC05046.JPG

 

 

 

よくできました。(笑)

 

 

 

 

 

 

DSC05051.JPG

 

 

 

で、最近マイブームのオイルクーラーを装着

 

 

 

 

 

DSC05059.JPG

 

 

 

でも普通には付けません。(謎)

純正の水冷オイルクーラーは除去!

 

 

 

 

 

DSC05089.JPG

 

 

 

こんな感じです。

 

 

 

 

 

 

DSC05100.JPG

 

 

 

で、アルミ板で導風板を作成。

 

 

 

 

 

 

DSC05101.JPG

 

 

 

装着するとこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

DSC05104.JPG

 

 

 

もちろんインナーフェンダーに抜け穴を作成。

 

 

 

 

 

DSC05088.JPG

 

 

不幸にも右フロントヒットでコアが破損してしまったらブロックを取り外し直接エレメントを装着できるから安心??

 

 

 

 

 

 

DSC05103.JPG

 

 

 

フロントバンパー右からエアを頂く仕様です。

 

 

 

 

 

DSC05106.JPG

 

 

そんなこんな事をしたので2回も3回もやってられないので(てか同じものは2度とない!)きょ~すけさんにお願いして導風板を量産する事に!

初期ロット5セットでオイルクーラーキット販売するかも!

 

 

 

 

DSC05086.JPG

 

 

 

キット化に伴い特殊工具を必要としないようにぶん蔵さんにも御協力して頂きました。(実はこれがポイント!)

 

 

 

 

 

DSC05105.JPG

 

まぁ~そんなこんなで、普通にエンジン載せ換えるのもおもろないのでチョイチョイオイタしてしまいました。(笑)

そんでもっていよいよ慣らし開始。

現在オーナーさんの頑張りもアリ2000km突破。

ECUセットアップしてまもなく封印解除です。

 

 

 

参考までに現在までのオイルクーラー装着データとして

・サーモスタット(純正)

・サーモスイッチ(純正)

・ラジエター(純正)

・クーラント(純正)

・純正水冷オイルクーラー除去

・12段オイルクーラー装着

・オイルサーモスタット開弁温度(100度)

この状態で最大回転数5000までですが、水温90度安定・油温90度前後となっております。

目標は水温85度、油温100度安定狙い。

以前同様の作業を行ったtsukiさんの仕様がローテンプサーモスタット・スイッチ・コア増しラジエター・オイルサーモスタット開弁温度(75度?)で水温も油温も60度台という完全オーバークール(10月)

これらをふまえると冷却水のサーモスタットはローテンプ、スイッチ・ラジエターはノーマルでいいかも。で外気温が上がってきたらオイルのサーモスタットを75度に交換って感じ?

まっ、夏場にならないとわかりませんが。。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/89

コメントする