何とか終わった~

| コメント(2) | トラックバック(0)

雪降るし・・・寒いし・・・

昨日は疲れ果ててそのまま逝ってしまいました。。。

何処からスタートだっけか?

P2270045.JPG

 

 

ブレーキダクトの取り付けも終了。

何とか明日の引渡しに間に合います。

良かったよかった!

P2260001.JPG

 

 

で、昨日はエアポンプキャンセラーの取り付けからスタート。

まずは、ECUを外して

 

 

 

 

 

 

P2260002.JPG

 

 

ハーネス加工の基本。

まずは、バラス!!

見えてるリード線で加工しようとすると何かと面倒になるでしょ!

 

 

 

 

 

P2260005.JPG

 

 

基本的にエレクトロタップは使いたくないので半田付けです。

ゴッツくなるやんか!

 

 

 

 

 

 

P2260006.JPG

 

 

 

取り合えずネジって

 

 

 

 

 

 

P2260007.JPG

 

 

 

 

半田付け

 

 

 

 

 

P2260009.JPG

 

 

 

一応絶縁。

 

 

 

 

 

 

P2260010.JPG

 

 

 

同じハーネスから分岐処理する時は分岐点の位置を変えてあげると絶縁に神経使わなくても短絡の心配は減るのよね。

キャンセラーの場合は3箇所です。

 

 

 

P2260012.JPG

 

 

で、コルゲートチューブを被せて元通りにして

 

 

 

 

 

 

P2260013.JPG

 

 

 

もう一方のカプラ側も同様にばらして

 

 

 

 

 

 

P2260014.JPG

 

 

 

分岐させて

 

 

 

 

 

 

P2260015.JPG

 

 

この位置でピンコネクタを使って脱着出来るようにしました。

これでエンジン降ろしの時にメンテナンスしやすくなります。

 

 

 

 

 

P2260017.JPG

 

 

 

ECUを取り付けて動作確認

 

 

 

 

 

 

P2260019.JPG

 

 

 

成功。

 

 

 

 

 

 

P2260021.JPG

 

 

 

終了。

キャンセラー本体はココに貼り付けました。

 

 

 

 

 

P2260022.JPG

 

 

お次はブレーキダクトの取り付け。

何だかんだで吸入口(ファンネル)作るのは時間もお金もかかるので結局はコレが一番楽ちんね!

 

 

 

 

 

P2260026.JPG

 

 

ところが所詮量産品。

この様に取り付け面の厚みが違うわけ!

つまりそのまま面に取り付けると座りが悪く隙間が開きガタガタになる=安っぽくなるのよね。。。(要加工です)

 

 

 

 

P2260027.JPG

 

 

 

ファンネルの取り付けは当然ココ

 

 

 

 

 

 

P2260034.JPG

 

 

 

テーパー状に穴あけて

 

 

 

 

 

 

P2260035.JPG

 

 

 

差し込んで

 

 

 

 

 

 

P2260037.JPG

 

 

 

 

固定して

 

 

 

 

 

P2260036.JPG

 

 

 

 

貼り付け

 

 

 

 

 

P2270038.JPG

 

 

 

硬化していく過程でうまい具合に表面の段差部にある隙間をうめていってくれます。(ココまで一昼夜かかりますが・・・)

 

 

 

 

 

P2260031.JPG

 

 

 

その間にダクトの引き込み加工です。

まずは、ローター・キャリパーを外して

 

 

 

 

 

P2260032.JPG

 

 

スプラッシュガードを除去。

コレによりボールジョイントのブーツが無防備になるのでカツキワークスさんのサーモガードで遮熱対策

 

 

 

 

 

P2270039.JPG

 

 

 

 

こんな感じで引き回し

 

 

 

 

 

P2270041.JPG

 

 

 

インナーフェンダー部分にジョイントを付ける事でいずれ穴が開くダクトホースの交換を容易にしておきます。

 

 

 

 

 

P2270040.JPG

 

ローター側はこんな感じ。

個人的な意見ですがブレーキダクトのホースはいわゆるレース用といわれて発売されている硬くて重くて高いモノよりもホームセンターで売られているコレが最高!

曲がりが柔らかいのでハンドルが重くなることがないし何よりも安い!

ホースはバンドで固定しているだけなので交換も容易だし!

 

 

P2270042.JPG

 

 

 

バンパー側はジョイントでこんな感じに取り出しています。(こっちはコスト削減のためにホースとジョイントは固定

 

 

 

 

 

P2270043.JPG

 

 

で、バンパーのダクトとは付属のホースバンドで固定させるだけ。

ここのホースは、ま~穴開くことはないだろうしバンパー脱着のメンテだけ考えておけば十分でしょ。

 

 

 

 

P2270046.JPG

 

ホイールハウス内のホース取り回しはこんな感じです。

多分この引き回しパターン以外タイヤでホースを潰さない方法はないと思う。(255OK)

ただしラックエンドのブーツと若干干渉します。(穴あける程ではなく軽~く触る感じ)

 ステアリングラックスペーサーは要装着 

 

P2270048.JPG

 

 

あとクスコのオイルキャッチタンクも装着。

これで全ての作業終了。

いや~終わった。良かった。。

 

 

 

 

 

P2270049.JPG

 

 

 

今回の作業による釣果です。(爆)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/109

コメント(2)

取り付けどうもでした。
仕上がりも綺麗で、乗り換え4回も苦ではない!?

コメントする