オイルクーラーあばよ!キット「命名:イマムゥ(爆)」

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨日フリードのシートレールを引き取りに部販に行った際、

フロントの人から「お~!いい所にキタ~!この部品の付け方に関して教えて~」との事。

「お~、コレはですね・・・」

聞けば同じような問い合わせが数件入っているらしく、フロントの人たちは専用工具のカタログで必死に探すもわからんらしい。

てか、ワシも知りたいくらいなんですけど。。。専用工具があるなら是非教えてもらいたいモンじゃ!

DSC05065.JPG

 

 

写真左側のオイルフィルターホルダーと呼ばれるモノ。

これを締め付けるのは大変そうなので右側の様なボルトを作ってもらった訳です。

(これは試作品で改良されています。)

 

 

 

 

どうやらぶん蔵さんのブログで紹介されたらしく、問い合わせが・・・

なので簡単に御説明??そのうちキッチリ製品ラインナップさせていただきます。

SH380205.JPG

 

 

要するにコイツを取りたい訳なんです。

多分なんですが、コイツがあることで水温が上がる(油温も上がる)

 

 

 

 

 

 

一応水冷式のオイルクーラーと言われるモノなのですが、水冷と言っても所詮ラジエター水でオイルを冷却させようとしている訳で・・・つまり油温は水温以下にはならない。

で、みなさん水温対策で容量アップしたラジエターに交換して水温を下げようと必死になるのですが、思いのほか効果は微妙。。。

そうなんです!

このオイルクーラーと言われるコヤツはどちらかと言うとオイルヒーターでもありウォーターヒーターだったりもしてるっぽい。(要するにお互いに温度を引っ張り合ってるって感じ?)

まっ、とっとと水温も油温も上げて燃費や排ガス対策しているとの見方もありますけど。。。

 

ついでなので、先日この作業をした「しま爺」の模様をお伝えします。

 

SH380193.JPG

 

 

 

まずはオルタを除去

 

 

 

 

 

 

SH380194.JPG

 

 

 

微妙にいけそうなのですが、面倒なので

 

 

 

 

 

 

SH380198.JPG

 

 

 

テンショナーも除去

 

 

 

 

 

 

SH380199.JPG

 

 

 

これで楽勝!!

 

 

 

 

 

 

SH380208.JPG

 

 

 

で、オイルクーラーを取っ払って

 

 

 

 

 

 

SH380210.JPG

 

 

 

作成してもらったボルトを付ければ

 

 

 

 

 

 

SH380211.JPG

 

 

 

エレメント装着可能となる訳です。

 

 

 

 

 

 

これならば締め付け不良によるトラブルを未然に防げそうでしょ!

 

尚、今月中に発売予定の

「セパレートクーリングキット」は導風板付きオイルクーラーを取り付けるようにします。

DSC05100.JPG

 

 

 

導風板(試作品)

製品版はオフブラックのアルマイト処理です。(ちなみに前期純正バンパーのみ)

 

 

 

 

DSC05101.JPG

 

 

ヘッドライト右下に専用ステーを使って装着します。

またメッシュホースも両端フィッティング取り付け済みなのでDIY出来る用にしてあります。

 

 

 

 

詳細は過去(去年の12月くらい??)ブログでアラさんネタで紹介していますのでご覧ください。

ちなみにキットのお値段なのですが・・・

オイルクーラー・導風板・ステー・ホース・フィッティング・2種類のサーモスタット(75℃と100℃)・メクラ・キャップ・エレメントなどなど一式で

125,000円~130,000円くらいになりそうです。

小ロット作成なモンで割高になってしまう事と基本的に車体に傷を付ける(サービスホールや共締めで取り付け)事の無いようにステーなどを作ったので複雑成型品になったりなモンで・・・すみません。。。

※フロントバンパーとインナーフェンダーは穴あけ加工が必要になります。

只今特別価格で先行予約受付中!

試作的に作ったので限定5セットですが。。。(爆)

その後は実際にソロバン弾いて定価を決定させていただきます。(チョット宣伝してみたり)

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/111

コメントする