S2000(前期専用?)オイルクーラー装着

| コメント(0) | トラックバック(0)

090713SH380036.JPG

 

自称「猿走り大好きっ娘」こと死魔爺S2000にオイルクーラーを装着。

以前純正オイルクーラーを取り外しラジエター前に装着するオイルクーラー装着状態で「それなり?」の温度対策は確認したものの、やはりモノ足りない。。。

そして今回最終段階。

オイルクーラー単独仕様で完全セパレートクーリング対策を実施。

090713SH380014.JPG

 

 

 

まずはフロントバンパー右側こ加工し、エアーの吸入口を作り出します。

 

 

 

 

 

090713SH380015.JPG

 

 

 

加工部分はコレ。

 

 

 

 

 

 

090713SH380017.JPG

 

 

 

こんな感じで穴を開けて

 

 

 

 

 

 

090713SH380022.JPG

 

 

 

ブンブンやトンボが入り込まないようにネットを貼り付ける。

 

 

 

 

 

090713SH380019.JPG

 

インナーフェンダーはエアーの抜け穴を作ります。

この時吸入部の開口面積よりも大きくしないと抜けが悪くなりなります。

(お部屋の換気とイッショね!風上の窓は小さく開けて風下側の窓を大きく開けると風が通るでしょ!これとイッショ!)

 

 

 

 

090713SH380020.JPG

 

 

 

こちらも同様にネットを貼り付けます。

 

 

 

 

 

 

090713SH380024.JPG

 

 

 

続いてコアの取り付け。

ライト下のボルトを外してカラーを挟んでステーを取り付け

 

 

 

 

 

090713SH380025.JPG

 

 

 

反対側は6mmのタッピングでサービスホール?部にステーを固定

 

 

 

 

 

090713SH380026.JPG

 

 

さらにクロスメンバー下側にもサービスホールを使いステーを取り付け、コアに導風板を挟みステーと固定。

(コアをステー3つで固定する事になります。)

 

 

 

 

090713SH380028.JPG

 

 

オイルの取り出しブロックはこの様な格好で取り付けるとちょうどブロックの凸部に引っかかり廻り止めになるので確実なトルクをかけることが出来るので安心!

おまけにオイル用のサーモスタットが簡単に交換できる位置になるので油温が上がらない時には付属の開弁温度100度モノに交換できます。

 

 

 

090713SH380023.JPG

 

 

 

メッシュホースはこの隙間を通します。

 

 

 

 

 

 

090713SH380029.JPG

 

 

 

付属のメッシュホース(#10)とアダプタを利用しこの様に取り回します。(この段階ではまだ仮組み)

 

 

 

 

 

090713SH380030.JPG

 

 

 

アダプタとホースエンドはこの状態では締められないのでマーキングをします。

 

 

 

 

 

090713SH380033.JPG

 

 

一旦ホースを取り出し、このマーキングを目印にしてホースエンドとアダプタをしっかり固定

 

 

 

 

 

 

090713SH380034.JPG

 

 

このような感じでコア部のホースを固定

 

 

 

 

 

 

 

090713SH380035.JPG

 

 

 

で、取り出しブロックと固定して終了。

 

 

 

 

 

 

090713SH380037.JPG

 

 

はたしてどの程度効果が出るか・・・

tsukiさんアラさんのお二方ではそこそこ効果出ているのですが・・・

夏場はムリとしてもダンボールで開口部を塞ぎたいという死魔爺の夢はかなうか??

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/133

コメントする