やっと終わった・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

090715SH380041.JPG

 

次から次へと出てくる障害を乗り越える事36時間。。。

徹夜&梅雨明けの中無事エンジン始動。

さすがに昨日はブログどころかPCを立ち上げる事もなくダウン。

さすがに歳を感じる。。。

090715SH380001.JPG

 

 

燃料ポンプを交換したので調整式の燃圧レギュレータを装着

ECUのセットアップ時にも対応出来るようにしてあります。

 

 

 

 

090715SH380002.JPG

 

燃料ラインが開通したので今度はオイルラインを開通。

以前使用していたトラストのエレメント移動式オイルクーラーなのですが・・・

 

 

 

 

 

090715SH380005.JPGいざ装着してみるとホースエンドがエアクリボックスに干渉してしまい装着出来ない。。。

も~困った。

ホースの関係で他の場所にも移動できないしこれと言って移動出来そうな場所もない。。。

それこそ無理してエレメントを移動する意味もないし・・・

 

 

 

 

そんな訳で「装着不可」の旨をマモジさんに報告。

結果「何とかしろ!」との返答。。。

仕方なく・・・

 

090715SH380006.JPG

 

先日取り外した死魔爺が使用していた旧式HKSのオイルクーラーを使用する事にしました。

しかし油温センサーのメクラがない。。。おまけに取り付け穴がM12なので

 

 

 

 

090712SH380007.JPG

 

ガレージに転がっていたトラストのサンドイッチブロックに装着していたメクラネジに1/8PTのタップを立てる事にしましたが・・・

 

 

 

 

 

090715SH380008.JPG

 

タップ立ててると

ポキッ・・・

 

終わった・・・

 

 

 

 

 

しまった!このままではメクラも無いのでオイルを通せない。

事態は更に悪化・・・

 

  090716SH380009.JPG

 

 

悩んでもどうにもならず・・・急がば回れで作ることに・・・

 

 

 

 

 

 

090716SH380010.JPG

 

 

内径バイトの限界サイズ・・・

てか、斜めに当てて無理やり入れてる感じ。。。

だいたい旋盤初心者にはかなり悩ます作業でおます。。。

 

 

 

 

090716SH380011.JPG

 

 

分かるかしら?

バイトの端(写真では奥側)に薄板を差し込んで手前側のみでバイトを固定。

これで何とか削れる角度になった訳

 

 

 

 

 

090716SH380012.JPG

 

 

苦労して作成する事3時間超え(爆)

何とか形になりました。

何度も思うけどホンマ旋盤出来る人はスゲーと思う。。。

 

 

 

 

 

090716SH380014.JPG

 

 

 

これでブロックにセンサーが付きました。

ふ~。。。

辺りは明るくなっているんですけど。。。

 

 

 

 

090716SH380019.JPG

 

続いてコア。

トラストのコアは幅がHKSよりもあり装着は困難。(まぁステーを作り直せばどうにかなるが、導風板の問題も出てくるので旧式HKSコアを使用)

まっ、お客様のテストの結果十分冷えるのが分かっていたので良いでしょ。

 

 

 

 

090716SH380020.JPG

 

 

 

ステーを多少加工して固定することが出来ました。

よかった~ステーの在庫があって。。。

 

 

 

 

 

090716SH380015.JPG

 

 

今度の問題はホース。

2本共同じラインでキレイな取り回しをしてみるとホースエンドにエレメントが当たってしまい装着出来ない。。。

30度のホースエンドがあればよかったのだが・・・

 

 

 

 

090716SH380017.JPG

 

 

結局こんな感じにせざるを得ないみたい。VGSのモーターがある以上どうにもならん。。。

(本当は圧損を抑えたいのでホースの取り回しは可能な限りエレメントの高さで引きたいのですが・・・)

 

 

 

 

090716SH380022.JPG

 

 

 

限りある資源?のなかでどうにか装着完了。

 

 

 

 

 

090716SH380023.JPG

 

 

 

エアクリボックスを装着させるのに一体何時間かかったんだろうか??

マジでつらい。。。

 

 

 

 

 

090716SH380003.JPG

 

お次はコレ。

気になるワイヤリング???

どうやらクルクル回ってハーネスをねじ切ってしまうらしく、困ったマモジさんがメーカーに連絡して対策として送ってもらったモノらしい・・・

けどね~

 

 

 

 

090716SH380025.JPG

 

 

個人的に気に喰わないのでチョコッと作ってみました。

 

 

 

 

 

 

090716SH380024.JPG

 

 

 

要はこういう事でしょ?

本体が回らなければいいんでしょ?

 

 

 

 

 

090716SH380026.JPG

 

 

 

っちゅう事で左右作って

 

 

 

 

 

 

090716SH380027.JPG

 

 

マモジさんはクスコが好きそうなのでクスコブルーに塗装してみました。(笑)

 

 

 

 

 

 

090716SH380032.JPG

 

 

 

これでいんじゃない?

 

 

 

 

 

 

090716SH380004.JPG

それはそうと・・・

いくら回るからってココ締めても意味ないのに・・・見事にネジ上がっていました!

ちなみに左側は・・・ワシの力では外せませんでした。

マモジさんの苦悩がよく分かったひとコマ

(一応お断りしておきますがこの対応をしたのはマモジさん御本人ではなく取り付けた業者様だそうです。)

 

 

 

090716SH380028.JPG

 

 

 

続いてダクト加工

 

 

 

 

 

 

090716SH380029.JPG

 

 

 

ベリッと剥がして

 

 

 

 

 

 

090716SH380031.JPG

 

 

 

サラッと端面を整えて

 

 

 

 

 

 

090716SH380035.JPG

 

 

 

アルミのネットを固定中

 

 

 

 

 

 

090716SH380037.JPG

 

 

 

 

インナーフェンダーにも穴あけて

 

 

 

 

 

090716SH380038.JPG

 

 

 

 

こちらにもアルミネット貼って

 

 

 

 

 

090716SH380039.JPG

 

 

 

導風板を加工して何とか無理やり固定

 

 

 

 

 

 

090716SH380040.JPG

 

 

 

んでもってやっとエンジン始動

長かった。。。

 

 

 

 

 

090716SH380043.JPG

 

各部をチェックしながらアイドリングで3時間くらい回しっぱなし。(当然ラジファンも回しっぱなし。)

問題無さそうなので若干回転アップ。

こ~やってワイヤーを引っ張ってあげればラクチン!この状態で2000回転付近をキープ

 

 

 

 

この後3000回転まで回し続けて初期始動終了。

一日中?回し続けておりました。。。(いつ御近所からクレームが入るか超~ドキドキ)

御迷惑おかけいたしました。

尚、水温80度、油温85度キープでした。

090716SH380045.JPG

 

 

夜になり涼しく(日中よりね!)なってきたので3000リミットで試走。

40キロ弱走ってあまりの眠さに限界。

あとは任せました!>マモジさん

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/134

コメントする