8/13・14の合宿に向けてドタバタ中

| コメント(0) | トラックバック(0)

と、言う訳で突然ですが8/13・14の2日間は毎年恒例?のお客様とのゴルフ合宿の為お休みします。

そんな訳で週末はケツカッチでツキさんのデフファイナル交換を12日までに終わらせねばならぬ・・・

が、土日はそれなりにお客様から作業の御依頼を頂きデフ作業どころではない。。。

よって写真を撮ってる余裕も無く・・・

090810SH380018.JPG

 

 

 

まずは週末作業していたトノさんのミッションO/H

予定通り金曜日に作業終了

 

 

 

 

 

090810SH380020.JPG

 

その後いつものテストコース?で試走中。

とりあえずは大丈夫そうだったので土曜日に無事トノさんに引渡し。

今頃は頑張ってアタリ付けしている事と思われます。

※もし何か不具合があるようであればご連絡を!>トノさん

 

 

 

090810SH380021.JPG

 

 

 

土曜日はカトさんインテのマフラー交換からスタート。

 

 

 

 

 

090810SH380023.JPG

 

 

 

音量の問題でこの子は引退です。

 

 

 

 

 

 

090810SH380022.JPG

 

 

 

養子に迎えたのは純正中間パイプ+SPOONさんのストリート

 

 

 

 

 

090810SH380024.JPG

 

 

 

作業終了。

出口が合っていないのは御愛嬌??としておこう。

 

 

 

 

 

その後クラッチのミートポイントで違和感があるというユーロRを診断。

クラッチマスターやスレーブシリンダー異常なし。

クラッチフルードのエア噛みも無さそうであるが一応エア抜き作業。

個人的に問題は無さそうと判断したのでクラッチペダル及びマスターシリンダーのロッド調整で半ば強引にお客様仕様に調整し作業?終了。

そして天候が怪しくなりつつあるので急ピッチでツキさんのデフファイナル交換。

と、言ってもデフを降ろしてスペアーのデフに載せ換えるだけですけど・・・

090810PAP_0028.JPG

 

 

 

ツキさんの降ろしたデフ

なんか知らんけどスゲーオイリー。。。

ババッチイィ・・・

只今オイル排出中

 

 

 

090810PAP_0027.JPG

 

原因はコレか?

オイルシールのリップが・・・

が、以前のファイナル交換時にオイルシールは新品交換しているらしい。。。

が、、、フランジの内側は歪んだ形跡も無い!=干渉するハズがない・・・てか十分クリアランスは確保されているんですが・・・謎です。。。(爆)

 

 

 

090810PAP_0026.JPG

 

 

ココも気になる部分でもあります。

シールから滲んできたのが伝っているのか?はたまた単純にココからなのか?

それともオイル注入時に垂れたオイルが飛び散って溜まっただけなのか?(ンな訳無いわな)

 

 

 

 

090810PAP_0025.JPG

 

 

夜になりお客様もお帰りになったのでいつも通りのんびりと作業中。

可能な限り作業を進めるべくまずは洗浄モードに突入

 

 

 

 

 

090810PAP_0022.JPG

 

 

 

夜中なのでコンプレッサー回ると御近所さんに御迷惑をかけてしまうので取り合えず灯油で洗浄して漬け込んで帰宅する事に。

 

 

 

 

090810PAP_0021.JPG

 

 

 

そして今日。

12時にお客様が御来店予定だったのでいつもより早めにガレージ到着。

一通り洗浄終了。

 

 

 

 

で、ガレージに電話が一本あり「14時頃になる」との事。

なので再びデフ作業再開。

ある意味時間に余裕が出来たので、気になるオイル滲みの原因を調べることに。

090810PAP_0016.JPG

 

 

カバーを良く見ると表面は何らかのシール処理をしているッポイ。。。

もしかすると・・・?

 

 

 

 

 

 

090810PAP_0015.JPG

 

 

 

 

調べるにあたって配線ドライバーやピンセットの先で可能な限り除去し

 

 

 

 

090810PAP_0014.JPG

 

 

パーツクリーナーやアセトンで徹底洗浄。エアーで十分飛ばして"お漏らし発見スプレー"事、現像液をシュー

 

 

 

 

 

 

090810PAP_0013.JPG

 

 

 

何となく気になる溶接部分にパーツクリーナーを噴射!

 

 

 

 

 

090810PAP_0017.JPG

 

 

この部分がちょっと気になった溶接箇所。

と、言っても写真では分かりづらいか?

ほぼ写真中心部に微妙なクレーターがあるのでこの穴に向けて発射しました。

 

 

 

 

090810PAP_0011.JPG

 

 

ビンゴ!!

やっぱ滲んできました。。。

が、分かった所でどないしよ??

TIG溶接機などある訳無い!

仮に合ったとしてもアルミ溶接できる腕は無い・・・(汗)

 

 

 

090810PAP_0007.JPG

 

 

 

そんな時はコレ!

船橋市民の強い見方らしいです(爆)

 

 

 

 

 

090810PAP_0006.JPG

 

 

 

何と言っても耐熱300度でっせ!

ガソリンにも耐えるらしいでッせ!(謎笑)

 

 

 

 

 

090810PAP_0008.JPG

 

過去の経験上、こういったモノは一発で仕上げないとダメ!

仮に後から漏れた部分を再補修しようとしても決してうまく行かないのでマニュアル?通りアセトン使って細部まで徹底洗浄。

おかげでこの刷毛はこの後脱毛症によりお亡くなりになりました。。。

 

 

 

ちょうどこの洗浄中にお客様が御来店。

相変わらずお約束のようにこの時間から雲行きが怪しい。。。

雨降る前にフカさんAP1のリアブレーキキャリパー&前後パット交換

その後ヤマさんEK4のエンジンマウント交換

コレが予想に反して作業が難航!!

どうやら以前のエンジンマウント交換の際結構無理やり装着したっぽい。。。ゴムの捻じれを最大限利用したらしく(爆)どうにもこうにもならん。。。いやぁ難儀難儀 

この後nananoさんエボのアタックカウンター(だったっけ?)の配線のみ作業。

取り付け場所が決まらないので実走行しながら最適な場所を見つけてもらうことにしました。

で、雨も止んだ所で皆様御帰宅。

誰もいなくなったガレージで再びのんびりとデフカバーの作業再開

090810PAP_0004.JPG

 

 

 

こんな感じでガソリンにも耐えちゃうらしいモンを塗って(盛って?)みました。

 

 

 

 

 

090810PAP_0003.JPG

 

 

 

どうせやるなら一緒なので面倒ですが全周やっときました。

 

 

 

 

 

090810PAP_0002.JPG

 

 

 

 

ココも

 

 

 

 

 

090810PAP_0001.JPG

 

 

 

 

ココも

 

 

 

 

 

090810PAP_0000.JPG

 

 

 

 

ココも

 

 

 

 

 

一通り盛ってみた。

完全硬化が24時間らしいから明日の深夜まではそ~っとしておこう。。。(爆)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/141

コメントする