結構無理やりに・・・

| コメント(0) | トラックバック(0)

SH380639-1.JPG

 

クラッシュから生還?復活したカツキワークスさんのインテのセッティング。

と、言っても前回の走行データに戻すだけですが今回はコーナーウエイトもとれッちゅう事。

言うのは簡単、やるのは難儀。

しかもコヤツは超難儀。。。

SH380633-1.JPG

 

 

まずはレーザー使って水平作るところからスタート。

えぇ、自称世界一の貧乏ガレージですので大理石定盤とかアライメントリフトなんぞありませんけどナニカ!?

 

 

 

 

SH380632-1.JPG

 

こ~やって1輪1輪高さとレベルを合わせる訳ですわ!

そうそう、パットの上に置いてあるのはラジアスゲージ。これが無いと着地した時に接圧が不安定になったり当然アライメントもまともに取れないのよ!

リアにはスリッププレートを使用するのね。

当然アライメントリフトがあればこんな事やらんで済む。。。欲しい。。。

 

 

SH380640-1.JPG

 

 

何となく車体中心下部で高さを合わせた後に、念の為車体前方から飛ばして正面から高さを確認。

この時赤色メガネをかけるとラインが良く見えるのよ!

 

 

 

 

SH380634-1.JPG

 

 

 

でもって着地。

 

 

 

 

 

 

SH380636-1.JPG

 

 

 

重量

 

 

 

 

 

 

SH380635-1.JPG

 

 

 

コーナーウエイトとクロスレシオ

スゲーッ最悪!!

何じゃこりゃ!(笑)

 

 

 

 

SH380638-1.JPG

 

 

まぁあえて理由は書きませんが、訳合ってコイツはそう簡単に接地加重を調整させてくれないみたい。。。

でもワシは負けない!今までの経験と勘を活かせば

 

 

 

 

SH380637-1.JPG

 

半ば強引にでもクロスレシオを合わせる事は出来る。(爆)

が、これはあくまでも数字だけ。

本来ならば出来るだけ少ない調整で結果を出さねばならぬ!(例えばリア片輪だけとかで!)

空荷状態であっちもこっちもいじって数字合わせしたらアキマヘン!(ドライバー乗車時に調整が超~大変だから)

 

 

 

今回はとりえずって事でこの後アライメントを前回値に戻して終了。

 

そうそう!せっかくなのでチョットだけネタでも!

DC5などストラットの場合キャンバーをアッパーで付けたりナックルとダンパー取り付け部でとったりしますが、キングピンを顧慮して調整した方がいいと思いますよ。

簡単に言うとダンパー寝かしてナックル起こしても、ダンパー起こしてナックル寝かしても同じキャンバー作れるでしょ。

と、言いつつも現段階でどの程度が良い結果になるかは未だ手探り中。。。

それに実際問題アライメントテスターなんか無いので数値は不明。

なので、ワシがやってるのはキャスター

ちなみにキャスターはキャンバーさえ分かれば計算で出せます。

(てか、ワシみたいな糸張りアライメントで育った貧乏プライベーターならみんな知ってると思うけど・・・苦笑)

 

どうやるかっちゅうと。。。

SH380642-1.JPG

 

 

 

右の場合はまず左に20度ハンドル切って

(昔は鉄板の上に置いた全円分度器を踏みつけて使っていましたが・・・笑)

 

 

 

 

SH380643-1.JPG

 

 

 

この時のキャンバーを測定。①

(昔は糸垂らして分度器でしたが・・・更笑)

 

 

 

 

 

SH380644-1.JPG

 

 

 

今度は右に20度きって

 

 

 

 

 

 

SH380645-1.JPG

 

 

 

キャンバーを測定。②

 

 

 

 

 

 

このキャンバー結果からキャスターを求めるには、

右キャスター=(180/π)×((①-②)/40)でOK!※π=3.14159・・・

だったと思う。。。間違って覚えてるかもしれないので信用しないでください。(爆)

まぁついでに左右の20度切れ角もわかるし良しとしよう。(例えば右タイヤを右に20度切った時の左タイヤの切れ角と左タイヤを左に20度切った時の右タイヤの切れ角との差)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/188

コメントする