2012.4.14 エビススーパー耐久6h(Rd.1)レポート

| コメント(0) | トラックバック(0)

RIMG0530.JPG

 

 

去年の12時間耐久で15年使い続けたエンジンがついにブロー・・・

ピストンリングとステムシールを交換しただけの素組みエンジンでリベンジしてきました。

 

 

 

 

アップ遅くなってすんまそん。。。いかんせんPCもブロー寸前で皆さんから頂いた写真をコピーするのに何度落ちたことか。。。4枚以上まとめて写真をHDDにコピーすると落ちる為えらい時間かかりましたわ!

 

RIMG0558.JPG

 

 

ガレージには書くと願いが叶うと言われ年始に書き初めしました。

そう、そもそもエビ耐は当初の目標だった訳です。

 

 

 

 

 

RIMG0562.JPG

 

 

参加ドライバーは一般的な走行会の何倍ものエントリー費を出費せざるを得ない現実がある以上、出費額以上の経験と体験をしなければ単なる無駄遣い!

はいっ!真剣に遊びます!!

 

連日の徹夜作業後いざ二本松へ!!

 

 

 

SH380405-1.JPG

 

 

前日のプラクティスでシェイクダウンとピット設営。

この日は暖かく天気もよろし!

 

 

 

 

 

 

SH380404-1.JPG

 

 

今回はラップ取りにPCを活用してみました。(今まではストップウォッチで手書きでした。。。)

ソフトはフリーでダウンロードしたものを活用させて頂きました。

 

 

 

 

SH380403-1.JPG

 

 

 

でもって、ラップ入力を自動化する為に急遽作った受光部

 

 

 

 

 

SH380406-1.JPG

 

 

初めてEGに乗るドライバーさんをメインに走行。

順調に行くかと思いきやトラブル発生!

本戦用のタイヤに履き替え皮むき開始直後ブレーキング時にバイブレーションが!!!

(写真撮ってなくてこれしか無かった。。。ピンきてなくてゴメン)

 

 

事件じゃ!

原因究明の為にタイヤを元に戻し再走行。

 

あかん。。。

 

ブレーキローターの歪と願い交換。

 

 

あかん。。。

 

そしてプラクティス終了。

 

原因不明でテンションダウン。。。

 

もはやこれまでか・・・

 

最後の手段は総交換しかない!!

急遽当日入のドライバーであるさとるに電話。

奴にはガレージの鍵を渡してある。

夕方仕事ブッチしてガレージに到着したさとるから入電。

ハブか?ハブべか?ドラシャか?ロアアームか??

え〜い!足回り一式を持ってきてもらうことに!

 

一方PITでは明日のゲートオープンと同時に作業出来るように準備開始。

結局撤収時間を過ぎてしまう事に。。。(エビスの皆さんすみませんでした)

 

RIMG0511.JPG

 

 

レース当日。

急遽事態を聞きつけたスーパーメカニックあらさん登場!

車検に間に合わせるために作業開始。

 

 

 

 

 

RIMG0513.JPG

 

 

右側あらさん。左はコバ。ワシは車内の無線対策。

とにかく時間もなく必死!!

 

 

 

 

IMG_0015.JPG

 

 

何とか予選に間に合わすことが出来たがバイブレーションが治ったかは不明。

とにかく願うのみ。。。

 

 

 

 

 

RIMG0522.JPG

 

 

 

そして予選

やはさんに取りあえず数ラップして適当にタイムを出してもらう。

 

 

 

 

 

IMG_0017.JPG

 

そして

試走を兼ねた走行結果は。。。

 

 

 

 

 

 

 

バイブレーション治らず。。。一同ガクッ。。。

 

もはやギブアップか??

 

が、ここで思いもよらない言葉がやはさんの口から出る。

「こ〜踏むとブルブルすごいけど、こ〜いう風にブレーキ使えばブルブル少ないですよ〜」

何というお気楽な奴じゃ!何というポジティブシンキング!!

しかし、この言葉が皆の気持ちを楽にさせたのは事実。

正直ワシはリタイヤを考えていました。

車輌トラブルが分かっているのに無理に走らせ、それが原因で他車を巻き込むような事態になればとんでもない事!更には怪我でもすれば一大事!!

そして余計な修理費用もかかる事になる!!

同じリタイヤならばリスクの少ない方を選ぶべきであろう。

言い方悪いが所詮は遊びであり、無用なトラブルは避けるべき。

決断はワシ・・・悩む。。。

 

そうこうしているうちに決勝グリッドが発表され、なんと予選一位!

2位とはそこそこタイム差がある。

 

今回のトラブル内容と2位とのタイム差を考えれば仮にブレーキング時のトラブルで何かがあっても恐らく自爆で他車にミサイルを発射することは少なくても無いと判断。

ドライバーと話し合いの結果、レース続行可能かどうかはドライバーに委ね、とにかく無理をせず走りきる事を第一に考え、ポジションに関してはどうせ8人ドライバー体制で、少なくても7回はピットインしなければならない。

そもそも大きなハンデを背負っている以上ポジションダウンは必至。

と、言う事で今回は急遽

「結果を取りに行くレースから拾うレース」に目標変更

RIMG0517.JPG

 

 

スタートドライバーはのえぷう

とにかくつないでもらう事を願いスタートグリットへ

 

 

 

 

 

 

RIMG0519.JPG

 

 

前日とは真逆の雨。でもってめちゃ寒!

 

が、ある意味このコンディションは車にとってはラッキー!であることは間違いない。

 

 

 

 

IMG_0032.JPG

 

 

そしてローリングスタート3分前

ドライバーを残しクルーはコースから退場。

注:tsukiさんお気に入りみたいなので写真採用してみました。

ほんま寒かったのにこの笑顔はスゲーぜよ!

 

 

 

IMG_0033.JPG

 

 

日章旗が振られレーススタート。

頼むぞ!のえぷう!!

後々のためにもレースリーダーになって主導権を握ってくれ!!

 

 

 

 

 

SH380412-1.JPG

 

スタートドライバーの、のえぷうが順調に周回を重ねレース序盤で2位と数ラップの貯金を作ってくれる。

途中SC介入するもドラチェンを行わず頑張ってもらいやはさんにチェンジ。

 

 

 

 

 

さすが予選ドライバーであったやはさんも曇り始めた窓に苦戦しながらも順調に貯金を作ってくれ、次の監督さんとのドラチェン時にガッツリ給油。

そして曇り始めたガラスはもうどうにもならん。。。

クリンビューも効果なし。

監督からこばさんそしてさとるへと首の皮一枚で何とか走り続けるEG。

ドライブを終えたドライバーからの第一声は

「前が見えん!!」

「怖ぇ〜」

「ぶるぶるしんどい!!」

そしてインカムから

「やってもた〜!」

無線が入る。。。んっ?

RIMG0526.JPG

 

 

 

やりやがった!

 

しかも1コーナーで!

 

目立ちたがり屋の宿命です。。。

 

 

自力でコース復帰が出来ず結果1コーナーと言うこともありSCを介入させてしまう。(エントラントの皆さん申し訳ございません!)

SC介入中に車輌救済を受けピットにて車輌チェック。

ダメージは特に無いことから3周減算のペナルティーを受けレース復帰。

ドライバーは若手のニュータイプ浅岡へ。

走行に関して相変わらずバイブレーションは出るようだが、走れない事は無いとの事で一安心。

そしてレースを中断させたのが・・・

IMG_0044.JPG

 

 

こいつです。

ライブで状況を把握している子育て中の嫁さんにメールで言い訳中。(笑)

 

 

 

 

 

 

と、言いながらも実は今回コミッショナーを務める赤さんとレースも折り返しを過ぎ予定周回数と燃料残、給油量等を計算した結果5分延長させたのが根源だったりもする。。。

そう、まさに無線でインラップ指示を出した直後のランオフだった訳ですな!

タラレバだけど予定通りのドラチェンだったらペナルティーは無かったハズで反省!!

で、レースはと言うとこれによりレースリーダーから総合4番手に。

ただ、他車のリタイヤもありクラス1位をキープしている事が判明。

今回の目標が「拾うレース」なので順位は気にしないにしても意外な現実。。。ちょっと欲も出て来るがここはあくまでもガマン!

取りに行くとロクな事が起きないのは前回の12hで経験済み。

そしてレース後半。

浅岡から最後の給油をして赤さんへドラチェン。

チェッカーまで30分のところで死魔爺に最後のドラチェン。

ここまで来たら何がなんでもチェッカー受けてもらう用に祈るだけ。

 

 

RIMG0527.JPG

 

 

そしてチェッカー!

何とか車は耐えてくれました。

この時点で暫定総合4位・クラス1位

 

 

 

 

 

いろんな事があったものの、チェッカーを受けれたのはホンマラッキーで嬉しい限り。

ただ順位に関しては公式結果が出るまでは喜べない。

救済処置に伴う減算はもちろん、曇ったガラスによる視界不良であったと言うこと。

コース上はドライバーにしかわからんが、きっとチョイチョイ黄旗が振られていると思う事を考えるとドライバーが気づかないで黄旗追い越しをしている可能性もある。

黄旗追い越しは5周減算という大きなペナルティー。(危険行為やから当然ですな)

 

ピットを片付けているといつの間にか表彰式が始まっていることが判明。

(レース途中からスピーカーが逝ったのかピットアナウンスが聞こえなくなっていた)

RIMG0545.JPG

 

 

 

結果一番高い所に立つことが出来ました。

 

 

 

 

 

っちゅう事で正直結果は満足ですが、内容は未熟なレースでした。。。

ドライバーのみなさんにはホンマしょーもない車に乗させてしまい申し訳無い思いでいっぱいです。

ごめんね!(反省&後悔)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/203

コメントする