作業は連鎖するもので。。。

| コメント(0) | トラックバック(0)
497.JPG



とある方からのデフO/H依頼です。


最近オイル交換時大きめのメタルの破片?見たいなのが出てきたという事で、壊れる前に点検を兼ねて作業しました。
492.JPG




デフを組んだのがどうやら2010年7月23日。

2年半ほど競技で使用されていますからまぁ何があってもおかしくないか。。。








513.JPG


各パーツを洗浄し目視点検するもこれと言った問題はないような感じ。。。

いったいどこの何??









509.JPG



やっぱ一番疑うのはギアですがピニオンはこんな感じで巣もなくいい感じ。










512.JPG




リングギアも同様。










503.JPG


金属片が出てきた以上絶対どこかにその金属片がひっついていた場所があるはず。
で、唯一?と思われるのがコレ。









504.JPG



LSDのケース内部にいるシム?

もしかするとこれが剥がれ落ちた物かと思われます。
てか、全てのパーツをチビが学校で使っていた虫メガネで目視点検しても、これ以外該当するような状態のものが無く、勝手に決め込みました。(笑)




516.JPG



本来は交換したいところですが、費用と時間的制約もあり今回はシコシコとオイルストーンで研磨。
普段アルミを面研する砥石なのでエライ時間かかり過ぎ。。。限界。。。妥協。。。







505.JPG



そんな訳でLSDがちょっぴり心配だったので念の為変形してないか確認。
プレートも普通に抜けたので問題ないと思っていましたが、やっぱ大丈夫でした。
まっ、不安点を解消しただけですな。







518.JPG



と、言う訳で今回は全てのパーツの異常もなかった事で、「あえて」ベアリングも再利用。交換したのはオイルシールとロックナット、シールワッシャーのみのO/H

でもゴニョゴニョしましたが。。。(謎)






519.JPG



いつまでもつか、耐久テストです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/219

コメントする