FAX不調??

| コメント(0) | トラックバック(0)
3009.JPG


言い訳です!

前にもブログでお伝えさせて頂きました通り去年の夏?お約束のゲリラ豪雨による落雷の影響でこの漏電ブレーカーがお亡くなりになりました。

この際複合機もみち連れで故障したのですが何となく使えるように修理はしてみました。




「FAX繋がらねぇ~ぞ!!!!」とお叱りのお電話を頂きましたが、たまにホンダパーツやモノタロウ(笑)などからFAXは届いてるし・・・(謎)
どうやら全然使えない訳ではなく、チョイチョイFAXが動作しないようですね。
そう言えばたまにプリントアウトする時にいきなり複合機が再起動したりするのも気になってはいましたが。。。
もしFAXが繋がらない時はお手数ですが電話ください。
SH380845-1.JPG


でもって、電気が全く使えなくなるってのは大事件なので急遽直結で対応し、交換までの間しばらくこの状態だった訳です。

その後ヤフオクで漏電ブレーカーを500円でゲット!今に至る訳ですがそんな事よりももっと重大な事件が実はおきていた訳ですよ。。。






それは。。。

SH380959.JPG
ちょっとしたモノを作る時に大活躍してくれる小型旋盤。。。

スイッチ入れた瞬間ヒューズが飛ぶ。。。

これは大事件!

FAX不調?PC不調?そんなの全然気にしねぇけどこの旋盤だけは正直泣きそうになった。。。





SH380960.JPG

テスターレベルで調べた限り少なくてもモーターが焼き切れてお亡くなりになっていない模様。
復活のチャンスはある!
と言う訳で基板を調べてみる事に。









SH380973.JPG


基板のパターンから簡単に配線図をおこしてみるとどうって事はない回路で制御している事が判明。
一見めんどくさそう。。。と思ったが所詮PWMでモーターの回転を変えているようです。







SH380974.JPG


当然手持ちの部品など無く取りあえずガレージに転がっている部品で復活出来るレベルなのかを確認。
この状態では回転制御は利かないので仮にうまい事通電すればモーターは100%全開で回るはず。。。







SH380976.JPG




恐る恐るスイッチON。










SH380975.JPG



過去見たこともないようなスピードで回転!
ラッキー!復活の見込みがたちました。

その後超~ビビりながらも無事加工作業ができました。。。






SH380971.JPG


ヒューズが切れた原因はこいつ。
モーターの回転制御でしようしているサイリスターがショート状態になる事でヒューズが切れたのと整流ダイオードがオープンになった事。
いずれにしても落雷に伴うサージでの故障は複数個所を一気に破壊させやがるから困ったもんです。。。





083.JPG


残念ながら同じ部品は見当たらなかったので取りあえず秋月で似たような部品を購入。










082.JPG



結局全ての半導体がお亡くなりになっていました。。。










080.JPG



けど復活復活!!

これからもこの子が良い相棒になってくれることでしょう。








SH380666.JPG

念の為。。。

配電盤の云々あったので本職の方から文句言われると嫌なので。。。


一応電工二種は所有しているので怒らないでくださいませ。。。
最低限のルールは守っているつもりです。Hi!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/223

コメントする