FUELバッフルプレート

| コメント(0) | トラックバック(0)
SH380653-1.JPG

ついに恐れていた事が現実に!(涙)

年明けご購入して頂いたマモジ号。

燃料残量が正しく表示しないとの事。


そう、フロートが間違いなくバッフルプレートに引っ掛かってしまっているようです。


作業は本人では無いと言うが・・・残念!!
SH380654-1.JPG



まずは燃料の抜き取り。

これは絶対に行ってください!!










SH380655-1.JPG



取付状態を確認してみると・・・

なんか変じゃね?!









SH380657-1.JPG


こちらは車体後方側。


はい!確定!!

前後ろ逆に取付られております。
これじゃフロートはバッフルプレートを境に機能しなくなるのは当然です。





う~ん。。。
商品に付属している取付説明書を見直すとプレートの前後方向を記す記載は無い!!(汗)
こうなるのも無理無いか・・・
けどね!
こうならない為にフロートの動作確認方法は書いてるし、そもそも逆に取り付けると燃料ポンプを戻す時に干渉しておやっ?って気付くと思うんですけど。。。
まぁ固定するのが難儀やからそこまで気が回らないという気持ちもわからんでも無いなぁ。。。
取り説作り直さないといかんな。。。
SH380659-1.JPG




一旦取り出し変形したプレートを修正。










SH380661-1.JPG




正規の状態で取り付けて。。。










SH380663.JPG





フロートのアームに糸を通して









SH380664.JPG




燃料タンクに戻す。










SH380665.JPG




糸を上下させ干渉が無い事を確認すればOK!

その為に燃料を抜く訳です。
燃料が残っているとフロートが下がり切るか確認出来ないでしょ!





今回は流血しなかったで!

でも皮膚は傷付いたけど。。。(ボソッ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/226

コメントする