GTウイング・トランク補強

| トラックバック(0)
SH380999-4.JPG




苦肉の策でこうしました。。。
SH380983-4.JPG


このガレージではレアなエボです。

FRPトランクにGTウイングを装着したものの、風圧によりGTウイングがトランクをめくり上げるとの事。

取りあえず裏板の作り直しをしてみる事にしましたが。。。






SH380984-4.JPG



どうやらこのトランクは修復歴アリ?
てか、別のウイングを装着していたらしく穴埋めしたみたいです。









SH380985-4.JPG




ココも。

構想していた裏板の形状ではこのコーキングの出っ張りが邪魔になる。
かと言ってこのコーキングを下手に除去して穴でも開いたら大事件。





SH380993-4.JPG



試行錯誤の末、最終的にこう言う形になりました。

写真撮っていなかったみたいですが(爆)これまでに4パターン作成。(涙)







SH380990-4.JPG




ちなみにこの部分は。。。










SH380989-4.JPG


トランクが押さえ込まれた時にFRPそのものが歪んでしまい、トランクがめくれてしまう量を減らす為悪あがきしてみました。









SH380991-4.JPG



要するに裏板のコの時部分ががここに来る事で










SH380992-4.JPG




裏骨に付いているインシュレーターが裏骨の変形で吸収される事なく支えてくれるようになると勝手に判断した訳です。(Hi)







で、GTウイング装着してみるも、改善はしたものの、やはりトランクの前側が浮き上がる感はある。
写真撮っていなかったのでなかなか説明できませんが、いくら裏板を強化しようがパネル面そのものが全体的に歪んでしまい完全に抑え込む事は軽量化を無視するほかなくなる訳です。
つまりトランクのフェイスパネルと裏骨をガッチリ結合させ、パネルに装着されるGTウイングのマウント裏は裏骨と結合されるような裏板の形状にするしかない(わかりずらっ!)様ですな。
仮にこの様な施工を施してもトランクリッドの取付部分から歪みやはりグラつきは収まらない予感。
まぁ結論としてどんなに裏板だけで補強してもこのグラつきを抑えるのは重くなる一方で本末転倒。

と、言う訳で苦肉の策

SH381001-4.JPG





格好悪いけど、普段は見えないから良い!っちゅう事で・・・
こうやって







SH381000-4.JPG




マイブームのクイックファスナー登場。










SH380998-4.JPG





最終的に裏板はこんな形状になりました。








これで浮き上がる部分を押さえ込むので半ば強引に走行時のグラつきガタつきを軽減させる事が出来るはず。
ただし、トランク開ける時はロックを解除しておかないと事件です。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/234