配線作業再び。。。何日かかるか格闘中。

| トラックバック(0)
SH380035-5.JPG


さすがに数々の試練をくぐり抜けてきたEGもそろそろ接触不良と言う原因特定に時間がかかる難病が出てきたとの事。

「イザッ!」と言う時に不調でリタイヤと言う呪縛から解き放たれる為にも思いきって。。。との事。
配線(ハーネス)メンテのご依頼がありました。





ちなみにご本人にもお伝えいたしましたが、何度も言います。
ただ単にハーネスASSYを交換するだけならまだそれほどの事ではありませんが、「ついでに間引き、切り詰めて軽量化」となるとマジ大変です。
当然作業時間を半端無く必要としますので「それなり?かなり?」ご請求させて頂きます。(鬼マジ)

それでも良いなら半端無くやります。徹底的にやります。
SH380036-5.JPG


まずは、現状確認。

何が何だかようわからん。。。

とにかく追加メーターやセッティング用のセンサーなどあり。

何となく理解しようと努力しながらカプラーにセンサー名を書いたマスキングテープを貼ってバラしていきます。




SH380037-5.JPG


ヒーター・ブロワー無なのでダッシュ裏はこんな感じ。

同様に理解何が何なのかとにかく頭の中で結線図を描く。。。








SH380038-5.JPG


取りあえず取り外したエンジンハーネス。
事の発端はこのハーネスにあるらしいです。
簡単に言えばこのハーネスを新品交換すれば済む話っぽいのですが、軽量病にかかった重症患者はそれじゃ嫌らしいです。。。






SH380039-5.JPG

で、オーナーさんが用意してくれたエンジンハーネス(新品で高価です。)?
ECUがEK9後期なので今までは変換ハーネスを使用していましたが、その変換ハーネスが無くなれば軽量化出来る!との思いから用意したらしい。。。

が、

なんか違くない???




SH380040-5.JPG
出た!

フロアーのハーネスだし。。。

まっ、確かにECUに接続するカプラは1個付いてるけど。。。
元々はエンジンハーネスを交換するのが大前提。
ECUに関してはEKのエンジンハーネスがECUと直結(3つのカプラの内2つ)になるので今までの変換ハーネス不要ってのも分かりますが。。。



SH380041-5.JPG

と、言う訳で状況をオーナーさんに連絡。
別途エンジンハーネスを用意してフロアーともどもEKに変更するのか、フロアーハーネスはEGの物を使うのか検討して頂く事に。
ちなみに全てEK物にするとなるとヒューズボックスなどの問題も出てきます。
まっ、どうにでもなるけどその分大変です。





うだうだ言っても始まらないのでとにかくハーネスをガンガン抜き取ります。
SH380042-5.JPG



だいぶ視野が広がりました。

最終的にはこの様は作業クリアランスが取れるようなハーネス処理を目標に作り直します。







SH380043-5.JPG


一方ダッシュ裏はと言うと。。。

「オーナーさん曰く、ダッシュは簡単に取り外せますよ!」との事でしたが。。。
『全然簡単じゃねぇよ!!』
確かにボルト3個とタイラップでしか止まってねぇけど。。。

そういう問題やない!!!




SH380044-5.JPG

やっとの思いでダッシュ取外し成功。

こう言う時に学ぶ事もあります。

「パーツの固定方法はボルト・両面テープの他にもハーネスをステー線※代わりにして固定する方法もあるのかと!」(ナイナイッ!ゼッテ~ねぇ)






※ステー線とは・・・たとえば屋根の上にあるテレビアンテナなどアンテナポール(マストパイプと言います。)に4方を針金などで引っ張る事でアンテナが倒れなくする方法。

SH380045-5.JPG



ほぼスタート地点に戻りました。

これからの作業はオーナーさんからのハーネス指示待ちです。
このEGハーネスを加工するのか、新品EKハーネスに加工・変更するのか?






SH380046-5.JPG


何だかんだで取り外した追加ハーネス類。

軽量化を考えるならこの辺付けないのが一番じゃね?(爆)








と、言う訳で今日はここまで。
時間は朝4時を過ぎ明るくなってきたので帰ります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/240