S2000デフ 二機目

| トラックバック(0)
SH380445.JPG



走行中突然「ゴンッ!」というサウンドと共に走行不能になったそうです。


SH380442-5.JPG




オイル抜いてみると。。。


ブローですな。。。








SH380443-5.JPG


が、、、
お約束であるギアの破片が出てこない。。。

ちょっと嫌な感じ。。。








SH380447-5.JPG



取りあえず割ってみる事に。

が、引っ掛かってこれ以上抜けない。。。

すげー嫌な予感。。。







SH380448-5.JPG

割らなければ始まらないので木端を返してひたすら叩く。

が、木端が割れて徐々に小さく?細くなっていく程です。

まさに木端微塵です。







SH380450-5.JPG



やっとの思いで開腹作業終了。

が、、、

おやっ?

予想していた状態では無い。。。

ギアは破壊されていないんですけど!?



SH380451-5.JPG


なんと!!

流石にこれは予想できませんでした。

リングギアのボルト10本全てが気持ちよく緩んでおりました。

単純に閉め忘れだったようです。





SH380452-5.JPG


この様な状態で走行されていた訳ですので当然ギアの歯面はガチャガチャです。

再使用不可能。。。









SH380455-5.JPG



で、LSDは当然こうなります。

ケースがパックリ。。。

当然再使用不可。。。







SH380456-5.JPG


LSDのケースボルトです。

当然デフロック時にこんなボルトでは耐えられる訳は無く。。。









SH380461-5.JPG



そんな状況下でも最後の最後まで頑張ってくれたLSD。
しかしケースは変形したようです。

中身が取り出せない。。。







SH380463-5.JPG



オイルラインの穴からガンガン叩き出そうと試みましたが無理でした。。。










SH380462-5.JPG



まっ、プレートがこんな状態ですから諦めはつきますね。

新品購入後サーキット走行数回。
時間にしてせいぜい10時間の命でした。。。






SH380459-5.JPG

で、緩んだリングギアのボルトはキャリアに干渉し、この様に削れております。

どうやらドレンボルトのマグネットに付着していた鉄粉はこれだったようです。









SH380460-5.JPG


通常状態のボルトをご存知の方ならどれだけ研磨されたかお分かりになると思います。

しっかし鏡面仕上げの高級感あるボルトに見えますわ。







SH380457-5.JPG


ギアだめ、LSDダメときたら今度はキャリア。
これがダメなら全損です。。。

取りあえず歪み?捩じれをチェック。

対角寸法はとくに問題無さそうです。






SH380464-5.JPG

怖いのはクラック。

いかんせん、この様な状態が判明しましたからね。
念には念を入れてチェックです。

キャリアにベアリングのアウターをはめ込みキャップを規定トルクで締め付けで確認です。





SH380479-5.JPG



レッドチェック中。











SH380482-5.JPG



ボルトが干渉していた部分も奇跡的に大丈夫っぽいです。

キャリアブローは避けれました。








SH380500-5.JPG



と、言う訳でバリを取り除き使用する事で決定。










SH380498-5.JPG



キャップのバリと。。。











SH380496-5.JPG



アルミのケースは結構深い。。。

大変でした。









SH380495-5.JPG



LSDはクスコさんのに変更。

世の中いろんなうたい文句でLSDがありますが、何だかんだでイニシャル変化が少なくロングライフなのでお勧めしてます。
基本は壊れない事と思っています。





SH380507-5.JPG



もちろんばらして洗浄後組上げます。











SH380510-5.JPG


目標のイニシャルになっているか確認。

お客様の排気量やタイヤ、走行ステージによって何となく変えています。
と、言いながら何の根拠もないオレの感です。







SH380485-5.JPG



ファイナルギアも当然新品交換。
 4.1純正です。










SH380486-5.JPG



もちろんラウンド処理も実施











SH380487-5.JPG




実はこんな事もしちゃいます。

分かる人にはわかるはず。
それらしいでしょ!







SH380488-5.JPG



リングギア











SH380489-5.JPG




ピニオンギア










SH380458-5.JPG



驚いた事にお客様のお車のスペックでは??と思ってしまう、いまどき珍しい?純正のディスタンスピース仕様でした。









SH380516-5.JPG



なので当然ピニオンカラーを使用させて頂きました。










SH380517-5.JPG



ちなみにこれも未装着でした。

何なんだか?
それともこれを使用しないのが最近のはやりなのでしょうか??

んな訳ないか。





SH380519-5.JPG


で、組上げ。

こんな感じでいんじゃね?










SH380521-5.JPG



長い闘いもようやく終わる事が出来ました。










SH380524-5.JPG


ボルトの閉め忘れと言う単純なミスがファイナル・LSD全損という惨事を招く事に。。。

オレも気を付けないと!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/254