クラッチすべり。原因判明!

| トラックバック(0)
SH380637-3.JPG




レリーズフォークやピボットなどの純正部品の在庫があったので早速新品に交換しミッションを搭載しました。
SH380638-3.JPG


でもって、戻し作業時になんであっこまでフラホが焼ける程すべりが出たかの謎が解けました。

原因はこのスレーブシリンダー取付時に判明!

プッシュロッドが手で戻せない!!

要するにクラッチのマスターシリンダーがイニシャルで押されている状態になっていました。



どうやらクラッチペダルの調整でマスターシリンダーのロッドとペダル位置の関係をミスった事によるもんですね!

まっ、簡単に言えばペダルの遊びを無くそうとしてペダル位置を下げたりマスターシリンダーのプッシュロッドを伸ばしたっちゅう事。
結果として遊びは無くなったかもしれないけど、常にクラッチを軽く踏んでいる様な状態な訳です。(要するに半クラに近い!)そりゃ~すべるって!!

調整したら動作確認は忘れずに!!

写真の通り指先でスレーブシリンダーを押し戻せないと「ダメよ~ダメダメ!!」

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/277