時代はワンダーでっせ!

| トラックバック(0)
SH380699-3.JPG


昭和にタイムスリップです。

ワシが18で車の免許を取った時ですらこの子は新車販売は終わり中古車でしか購入できなかった車です。

中古であれ販売価格は高くとても買う事は出来ず。。。

あこがれの車であった事は間違いなく45になった今、いじれるなんてある意味
し・あ・わ・せ!



が、夢は夢で終わらせるのが一番じゃ!

と、痛感。。。しんどかった~!!!!
SH380700-3.JPG


作業メニューはこれの取付&交換。

MUGENのトーションバーと、どこぞの物かわからんブッシュ関係。

フロントのラジアスアームもブッシュ
スタビのブッシュ前後
パナールロッドのブッシュ両端
トレーリングアームのブッシュ
ボールジョイントのブーツ
シフトリンケージブッシュ



SH380701-3.JPG


まずは、トーションバーの交換。

うる覚えの記憶ながらそんな面倒な事は無かったハズにも関わらず苦戦!!
自分の記憶違いか??
と思い知り合いに問い合わせるもやはり間違いない。
写真のトルクチューブに付いているキャップがどうにも外れない!!

シリコンスプレー大量散布と隙間を少しずつ作りながらどうにか摘出。

破壊してしまうと部品が無いだけに本当に苦労しました。
SH380702-3.JPG


こんな状態だっただけにサークリップが取れるか不安だったのですが思いのほか綺麗!
ゴムキャップが良い仕事してくれていたようです。









SH380703-3.JPG




こちらはフロント側。

ただ単にゴムキャップがかぶっていただけなのに錆も殆どなし!

さすがシャシブラコーティングされていただけの事はあります。(爆)





SH380704-3.JPG

摘出終了!

あとはMUGENさんのに交換するだけ。。。だったのですが。。。

しまった!!

アジャストボルトにマーキングしとくの忘れてた!!(汗)

まっ、どうせ車高調整する事になると思うし。。。と、自分を慰める。



SH380705-3.JPG


で、こちらはボールジョイントのブーツ。

純正は写真の通りサークリップで固定するのに対し赤いのはただのキャップ。
もちろん溝も無ければツバもなし。

当然即却下!

こんなん付けるのはリスク以外何物でもない!捨てっ!!




SH380706-3.JPG



グリスをぬぐい取ってロッドエンドのベアリングを確認。
特に傷もガタも無いので問題ないでしょ!









SH380707-3.JPG


と、言う訳でブーツの破れも無い事からグリスのみ交換してブーツは再利用する事に。

本当は新品に交換するのが親切なのでしょうが、いかんせん死魔爺のだからOKとしました。(笑)







SH380708-3.JPG


お次はラジアスアームのブッシュ交換。

が、交換するブッシュに使用するスリーブが通らない。。。










SH380713-3.JPG


きっと表面にある錆の仕業よね!

と、この時は安易に思う。。。











SH380709-3.JPG



代替えの部品が無いだけに削り過ぎる訳にはいかん!
オリジナルを傷付けない様に磨きに近いイメージで錆落とし。。。


だが、入らない。。。






SH380715-3.JPG


寸法チェック!


スリーブの内寸









SH380716-3.JPG



ロッドの外寸。











  なめんなやっ!!(←あえておっきくしてみた。)
SH380714-3.JPG


こんな長いパイプの内径はウチにある卓上旋盤では無理なのでひたすら削る。

削る

削る

そしてスゲーパイプが熱くなりやがる。。。




SH380710-3.JPG




どうだコノヤロー!!

お互いメッキを剥がしてしまっているのでコパスリ塗布して一応腐食対策。








SH380718-3.JPG


一見落着と思いきや今度はブッシュが入らない。。。
確かにガタ付く様なブッシュでは何の意味もなくむしろこの部分は軸に対して回転方向以外は動いてほしくない部分。

でも手力では無理。叩いても跳ね返される。。。

しばし悩む。。。




SH380719-3.JPG




S2000のサブフレームで使用している長いボルトとナットを使い閉め込んで圧入する事に!









SH380720-3.JPG



正解でした。












SH380722-3.JPG



続いてフロントスタビのブッシュ。

左が純正、右が舶来品。


マジ殺す!







SH380723-3.JPG



こうするしか手は無い。。。

ドリルで広げるなんてクランプも出来なきゃ20mmのキリもないので不可。

ひたすら削る。。。







SH380726-3.JPG



でもって今度はリンクのブッシュ。

付属のボルトに交換して装着する物のボルトの長さが足らん。。。









SH380727-3.JPG



こうすれば届く。

何が言いたいか分かる人にはわかるはず。

まさかこうして装着しろってか!?

だとするならば死んでしまえ!!(怒)





SH380728-3.JPG



怒っても仕方ないので対応策を考える。

ブッシュの間に付くカラーの高さが8mmなので、、、









SH380729-3.JPG



リンクのブッシュを2mm薄くすればつじつまが合う訳で。。。











SH380731-3.JPG





無理やり削る!










SH380730-3.JPG



公差なんて関係ね~!!

そもそもゴムだかウレタンだか知らねぇけどこんなモンを削る道具がねぇっす!!

ある意味ウチにあるチップで削れたのがミラクルですわ!






SH380733-3.JPG



副産物のゴム?ワッシャーです。












SH380734-3.JPG





それらしく付いた。いや付けた!!










SH380735-3.JPG


フロントが終わりお次はリアの作業。

こちらはリアスタビのブッシュ。


フロントとは違い普通に交換出来た。

当たり前の事だと思うのですが、スゲー得した気分!





SH380736-3.JPG



パナールロッドのブッシュもこれと言って問題なし!

これなら今日中には終わる気がしてきた。。。








SH380740-3.JPG

最後にトレーリングアームのブッシュ交換

交換言っても純正のゴムをぶち抜いて代わりに赤いのをはめ込む仕様。

尚、純正のブッシュは生産終了。

破壊して交換する訳で後には引けない。
つまり失敗は許されない。。。

作業をするべきかやめるべきか。。。



SH380741-3.JPG


左の赤いブッシュは上下逆になっていますが、トータルハイトは問題無いのですが。。。

おいおいトレーリングアーム自体の厚みを考慮してないんじゃね??








SH380742-3.JPG



つまりはこういう事。

仮に装着しても5mm程幅が大きくなる事確定!!

さ~どうする!?







SH380744-3.JPG



やるでしょ!(爆)


ぶち抜いてやった!









SH380743-3.JPG


案の定
宍戸城
城みちる


5mm程厚いっす!!








SH380746-3.JPG



三つ爪を無理やりブッシュの芯穴にぶち込んで削ってやった!











SH380747-3.JPG



どうだコノヤロ~!


文句あっか!?









SH380756-3.JPG



装着完了!












これらの作業が部品そのものの問題なのか、はたまたこの部品を購入した死魔爺のチョイスミスなのかは知らんが、どっちにしても当事者は今はやりのVXガスでも一気飲みして死んでしまえ!

以上、オイラにワンダー愛が無ければ絶対に受けない作業報告でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/283