S2000 バルブクリアランス調整

| トラックバック(0)
SH380845-2.JPG


で、昨晩お預かりし、本日調整です。


クリアランス調整はどうしても常温で行う必要があるので仕方ないです。
SH380846-2.JPG


作業行うに当たってプラグの焼け具合を確認しておき、調整の参考にしています。

右から1番ですが、2番だけがちょっと違うでしょ!

エンジンそのものの問題かもしれませんが場合によってはバルブの開閉時間(クリアランス)による可能性もあります。





SH380847-2.JPG



と、言う訳で作業開始です。


それにしても調整するのに当たってホンマシンドイ体勢で行わなければならず、ふくらはぎやハムストリングがパッツンパッツンになりますわ。。。






SH380848-2.JPG


調整前にクリアランスを測り、調整していきます。

数値関係はあえて公表いたしませんが、大事な事はとにかく可能な限りシックネスゲージの引きずり感を揃える事が大前提だと思います。

その為には一旦一通り調整した後にINのみEXのみと手の感覚を忘れないように確認しています。



SH380850-2.JPG



パッキン類を新品に交換し終了です。

それにしてもしんどかった!

体の硬い人間には辛い。。。








そ~して~

SH380851.JPG



DC5のオーナーが様子を見に来たのでリアゲート等も取っ払ってほぼほぼ丸裸にして終了。

これからが大変だわなぁ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/289