ミスターポンコツ!

| トラックバック(0)
KIMG0592[1].JPG

いや、キング・オブ・ポンコツこと、とうげ君のEG6。

作業途中のFD2は部品入荷待ちなので、とりあえずいくつかの作業依頼の中から出来る事をやる事に。
KIMG0593[1].JPG

走行中スピードメーターの指針がピクピクしたりするので、車速センサーとカプラーを交換してくれとの事。

まぁ良くある事例やしポンコツの第一人者であるとうげ君の車。別に驚きやせん。
今後の予防処置として正解でしょ。




KIMG0594[1].JPG


作業に入る前に念の為センサーとカプラーの勘合を確認。
以前この車の作業でインジェクターのカプラー交換の際思いっきりやられました。
(さすがパチモンのチャンコロカプラー!精度悪し!!)




KIMG0595[1].JPG


現状確認。
オリジナルのコンタクト部。
特に緑錆なども発生しておらず問題なさそうですが。。。






KIMG0596[1].JPG


配線及び防水シールも特に硬化しておらず問題無さそうなんですが。。。








車速関係のトラブルでよくあるパターンが主にラジエターホースやサーモスタット交換の際にクーラントがちょうどこの車速センサーにかかって、そのまま放置プレイしてしまった事による配線のシース硬化。
で、振動などで配線のシースにクラックが入りその隙間から水などが侵入。
内部銅線が錆びてしまい断線や高抵抗になりレベル不良。

KIMG0597[1].JPG


まっ、あくまでも予防処置って事で作業開始。

加工部分しやすいようにチューブを切り広げて





KIMG0598[1].JPG


適当なところで配線を切断し、新しいコンタクトピンを圧着。








KIMG0599[1].JPG


配線がテレコにならないように1本ずつ移植。








KIMG0600[1].JPG



で、移植完了。








KIMG0601[1].JPG


リテーナーを嵌め込んで、ハーネスは終了。








KIMG0602[1].JPG



車速センサーはメーターギアごと取り外して







KIMG0603[1].JPG



防水を兼ねて念の為ドライブピン付近にグリスを塗って







KIMG0604[1].JPG



ミッションに戻して








KIMG0605[1].JPG



カプラ付けて終了。








KIMG0606[1].JPG


ついでなので、エンジンハーネスのアース部分をペーパーで磨いておきました。
(車速パルスはH→Lの立下りでカウントするのでアースが大事。接触抵抗が大きいとLレベルと認識せずカウントされない)




と、ザックリとやれそうな事はやったのですが。。。
KIMG0609[1].JPG


一応メーター動くけど、なんか動きが重い気がする。。。

実はスピードメーターそのものの問題じゃね~か??





大体走行中に車速センサーからのパルス落ちとかすればVTECに入らないし、チェックランプ付くはずだし。。。
ECUが文句言ってこないって事はセンサーは問題ないんじゃね??

FD2が終わったら見てみよう!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/307