気を取り直して、久々の脚交換

| トラックバック(0)
KIMG0746[1].JPG

今となっては超貴重な完全オリジナル状態を維持しているEK9さんがご来店。

ついに完全純正仕様を諦める事に。。。

何かもったいない気もするけど。。。

って事で中古O/H品に交換。
KIMG0747[1].JPG


組付ける前にイニシャルセットを私は行います。

直巻きスプリングは基本的にプリロードはかけないのですが、このゼロプリは非常にあいまいな部分。
なので・・・



KIMG0748[1].JPG

あくまでも、「私は」
まずは「わかりやすく」する為にあえて同寸法になるようにバネを縮めてしまいます。
自由長だけで見たり、ロアシートとスプリングの感触よりかは均一性が良いかな?って事です。




KIMG0749[1].JPG


ノギスのスケールを固定して予め設定した寸法をめがけて締めこみます。
バネレートにもよりますが手で回せる程度です。






KIMG0751[1].JPG


ロアシートの位置が決まったら全長を合わせる為のブラケット位置を調整。

装着後の車高調整を極力少なくしたいので過去の経験で「こんなもんかな?」

そんな感じで何となくです。



KIMG0752[1].JPG


左右の長さを揃えたらここでマーキング。

このマーキングが調整時の基準になる訳です。

車体に装着してからバネだの全長だの合わせようとすると結構大変です。



KIMG0754[1].JPG

プリロードのかかったスプリングを開放するためマーキング位置から2回転戻し。
寸法変更にネジは嘘つかない!ですからね!

てな訳で取り合えずイニシャルセット終了。

いよいよ交換作業です。


KIMG0755[1].JPG


サクッと前交換。









KIMG0756[1].JPG

サクッと後ろ交換。。。

とは行かず。。。

内装付いてるし。。。

あまりの久々に
「メンドクセー!!!」



そうそう、当然の事ですが交換時ロアアーム・アッパーアームなどブッシュ部分はトルクを抜いて開放状態にしていますよ。
KIMG0758[1].JPG


で、タイヤを付けて車高チェック。

まずはレベル出し。







KIMG0762[1].JPG


レベルが出たところでタンプレート・スリッププレートを乗せタイヤ接地点にレーザーラインが来るように手っ取り早くジャッキに乗せて高さ調整。






KIMG0765[1].JPG



フロント








KIMG0766[1].JPG



リア








このレーザーラインが仮想の路面って事ですね。
KIMG0769[1].JPG


で、この車両の最低地上高となるマフラーの第一サイレンサー(膨張管)部を確認。
ライト使った撮影だとわからんね!






KIMG0770[1].JPG



ライトなしで撮影するとピンこないし!

まっ、こんな感じで水平面でのロードクリアランスが分かるって事です。





KIMG0776[1].JPG


ピンきてませんが、この水平ラインを利用してジャッキアップポイントとかを利用した前後左右の車高も確認しやすくなる訳です。






KIMG0778[1].JPG


イニシャルの状態でフロントがリアに対し10mmほど低かったので3ターン程全長を伸ばしました。
気分としてはリアを下げたいのですが、バネも柔らかいしインナーフェンダーなどとの干渉も考えられるので。。。




KIMG0783[1].JPG



で、こんな感じ。

調整はこの1回で終了。

なかなか勘が冴えてたぜ!




KIMG0782[1].JPG


これがロードハイト。

最低地上高が104mm
フロント若干下がり
ダンパーセット左右差なしです。

このくらいならコーナーウエイト調整するなら簡単に決まりそうですね!


KIMG0784[2].jpg


で、車高が決まったのでアライメント調整して終了。
この時に開放していたボルト全てトルクあててやれば間違いない1G締めでしょ。

フロントのアッパーがメンドクセーけど。。。



ちなみに。。。
KIMG0780[1].JPG


ホンマの事は知りませんが、以前雑誌のカメラマンさんから聞いた話。

ホイールはエアバルブが下との事。






KIMG0781[1].JPG


なのでホイールキャップはこうなる。

雑誌に掲載された車の写真でエアバルブが下になっているのはこのカメラマンさんの撮影であるっことは間違いない!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://orangeball.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/313